東京為替:1ドル103円70銭台、日経平均は下げ縮小、人民元が上昇

2021年1月20日 14:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:54JST 東京為替:1ドル103円70銭台、日経平均は下げ縮小、人民元が上昇
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円70銭台で推移。中国人民元が1ドル6.4709元と、ドルは対元と円でドル安方向での推移が続いている。イエレン氏による大胆な景気刺激策で、債務拡大につながっても恩恵は代償を上回ると発言したことがドル安につながったもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が99.75円安と後場に入り、大引け間際に下げ幅を縮小している。前引けのTOPIX下落率はマイナス0.51%と節目の0.5%を超えていることから、午後は日銀のETF買いの公算が高いようだ。《FA》

関連記事

広告