英ポンド週間見通し:伸び悩みか、マイナス金利導入観測は後退

2021年1月16日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:41JST 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、マイナス金利導入観測は後退
■やや強含み、ユーロ売り・ポンド買い拡大の影響も

今週のポンド・円はやや強含み。新型コロナウイルス変異種の感染拡大を警戒したポンド売り・円買いが観測されたが、英中央銀行によるマイナス金利導入の可能性は低下したことや、独仏における行動規制強化を受けてユーロ売り・ポンド買いが増えたことから、対円レートは底堅い動きとなった。取引レンジ:140円32銭−142円26銭。

■伸び悩みか、マイナス金利導入観測は後退

来週のポンド・円は伸び悩みか。英国での新型コロナウイルス変異種の感染拡大を抑えるために都市封鎖の長期化が予想され、1-3月期の国内経済は停滞する見込み。ただ、英中央銀行総裁は今後のマイナス金利導入に否定的な見解を示しており、リスク回避的なポンド売りがすみやかに拡大する可能性は低いとみられる。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・22日:12月小売売上高(11月:前月比-3.8%)
・22日:マークイット1月製造業PMI(12月:57.5)

予想レンジ:139円50銭−142円50銭《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング