東京為替:1ドル103円70銭台、米石油戦略備蓄2000万バレル放出

2021年1月15日 10:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:05JST 東京為替:1ドル103円70銭台、米石油戦略備蓄2000万バレル放出
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円70銭台で推移。米国のエネルギー省は石油の戦略備蓄から2000万バレルを放出する計画とロイターが報じている。現在の備蓄量6.38憶バレルに対して3%程度の放出となる。

一方、東京株式市場は日経平均が84.31円安とマイナスに転じてきた。バイデン次期大統領の会見で、市場の予想通りの追加経済対策が発表されたことから、材料の出尽くしから利食い売りが優勢となっているようだ。《FA》

関連記事

広告