新興市場銘柄ダイジェスト:HAPiNSは大幅に続落、PSOLが大幅に続伸

2020年11月24日 16:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:01JST 新興市場銘柄ダイジェスト:HAPiNSは大幅に続落、PSOLが大幅に続伸
<2226> 湖池屋 5070 +150
年初来高値。主要株主の異動があり、日清食品ホールディングス<2897>の子会社になると発表している。湖池屋の代表取締役会長である小池孝氏と同氏が出資する会社が計56万3885株を譲渡する。日清食品HDの議決権所有割合は34.54%から45.11%に上昇する一方、小池氏の所有割合は16.62%から6.42%に低下し、主要株主ではなくなる。異動により、日清食品HDグループの商品開発や海外事業などのノウハウを活かす。

<4450> PSOL 2655 +164
大幅に続伸。1万8000株(0.50億円)を上限とする自社株取得を行うと発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は1.32%。取得期間は24日から21年6月30日まで。経営環境に応じた機動的な資本政策遂行や株主利益向上が目的。また、20年12月期の営業利益予想を1.17億円から0.48億円(前期実績3.47億円)に下方修正している。新型コロナウイルスの影響による受注遅延などが響く見通し。

<7963> 興研 2496 +48
大幅に3日ぶり反発。新型コロナウイルス対策としてマイクロ飛沫の拡散を防止する医療用陰圧デバイス3種を東邦大学医学部などと共同開発したと発表している。気管挿管・抜管用陰圧フード、病原体検査用陰圧BOXは12月1日に、検体採取用陰圧ブースは同月下旬に発売開始する予定。マイクロ飛沫の拡散防止製品は医療機関のニーズが期待できるとの見方から、買いが入っていた。

<7577> HAPiNS 302 -10
大幅に続落。東証が24日から信用取引に関する規制措置を強化し、新規の売付及び買付に係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)としたことが嫌気されている。日証金も貸借担保金率を50%(うち現金20%以上)とする増担保金徴収措置を実施した。HAPiNS株は18日に年初来高値(439円)を記録するなど短期間に急騰しており、利益確定売りも続いていたようだ。

<4579> ラクオリア創薬 1014 +22
大幅に続伸。韓国のHKイノエン社へ導出した胃食道逆流症治療薬のtegoprazanについて、同社がフィリピン、モンゴル、シンガポールのアジア3カ国でサブライセンス契約を締結したとの連絡を受けたと発表している。ラクオリア創薬はライセンス契約に基づく一時金を受領することが確定したほか、tegoprazanにより得た収益に応じてロイヤルティ収入を受領する予定。

<6862> ミナトHD 460 +10
大幅に続伸。10万株(0.30億円)を上限とする自社株買いを実施すると発表している。発行済み株式総数(自社株を除く)に対する割合は1.28%。取得予定期間は24日から21年3月31日まで。資本効率の向上と経営環境の変化に対応した柔軟な資本政策の遂行を図ることが目的としている。200日移動平均線を下値支持線として株価が底堅く推移していたことも買い安心感につながっていたようだ。《ST》

関連記事