ブランディングテクノロジー ヘッドウォータースと業務提携を発表。DX推進による生産性向上で中小・地方企業の発展を支援

2020年11月16日 13:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:16JST ブランディングテクノロジー---ヘッドウォータースと業務提携を発表。DX推進による生産性向上で中小・地方企業の発展を支援
ブランディングテクノロジー<7067>は13日、ヘッドウォータース<4011>との間で業務提携を行うと発表。DX 推進による生産性の向上を通じて、中小・地方企業の発展を支援していくとしている。

ブランディングテクノロジーは、「ブランドを軸に中小・地方企業様のデジタルシフトを担う」をミッションに掲げ、中小企業や全国の地方企業に向けて企業ブランディングや事業承継ブランディング、デジタルマーケティング、DX支援などのサービスを展開してきた。

ヘッドウォータースは、「エンジニアからビジネスパーソンへ」を掲げ、クラウド・モバイル・AI 等のデジタル技術を、アジャイル開発・DevOps・デザイン思考 UX 設計等を迅速に取り入れ、先端テクノロジーでデジタル課題を解決する提案・開発を展開している。

今回の提携により、ブランディングテクノロジーが持つ歯科医療業界や不動産・建築・工務店業界、製造業・官公庁など全国 3200 社を超える顧客基盤と、組織・現場・経営側に入り込んだ上での課題把握、プランニング、実行、運用、経営サポートまでの DX コンサルテーションとの両面に対して、ヘッドウォータースの「効率化/自動化 AI ソリューション」、「COVID-19 対策デジタルソリューション」との連携を実施。DXサービスラインナップの拡充、販売チャネルの強化を推進していく。《EY》

関連記事