日経平均VIは上昇、警戒材料多く市場心理悪化

2020年10月28日 13:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:52JST 日経平均VIは上昇、警戒材料多く市場心理悪化
日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は13時50分現在、前日比+0.96pt(上昇率4.07%)の24.52ptと上昇している。なお、今日ここまでの高値は24.58pt、安値は24.06pt。

昨日の米国株式市場でダウ平均が下落したことや、朝方の外為市場で1ドル=104円50銭台と昨日15時頃に比べ20銭ほど円高・ドル安方向に振れたことなどを受け、今日の東京株式市場は売りが先行。日経225先物は下落し、日経VIは上昇して始まった。その後、日経225先物は底堅く推移する場面もあったが、欧米での新型コロナ感染拡大や米大統領選への不透明感、米追加経済対策の交渉行き詰まりなど警戒材料が多く、市場心理は悪化。日経VIは前日水準を上回って推移している。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング