マザーズ先物概況:続落、大引け前に下げ幅を縮小

2020年10月16日 16:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:20JST マザーズ先物概況:続落、大引け前に下げ幅を縮小
16日のマザーズ先物は前日比14.0pt安の1292.0ptとなった。なお、高値は1312.0pt、安値は1268.0pt、取引高は12209枚。本日のマザーズ先物は、米国市場が下落したことや、ここ2日大幅上昇して相場をけん引してきた時価総額上位のGMOフィナンシャルゲート<4051>の寄り付き前の気配値が低かったことから続落でのスタートとなった。現物株の寄り付き後は時価総額上位のマネーフォワード<3994>やロコンド<3558>などが売られマザーズ先物は下げ幅を拡大し、後場に入り一時は38.0pt安まで下落する場面があった。しかし、引けにかけて、時価総額上位のフリー<4478>が上昇したことや弁護士ドットコム<6027>、AIinside<4488>などが下げ渋りしたことで、マザーズ先物は下げ幅を縮小して取引を終了した。《FA》

関連記事