国内外の注目経済指標:9月米失業率は小幅な低下にとどまる見込み

2020年9月26日 14:27

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:27JST 国内外の注目経済指標:9月米失業率は小幅な低下にとどまる見込み
9月28日−10月2日週に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■29日(火)午後11時発表予定
○(米)9月CB消費者信頼感指数-予想は90.0
参考となる8月実績は84.8で市場予想を下回った。雇用環境の悪化や経済状況の早期改善への期待は後退したことが要因。9月については、雇用情勢の大幅な改善は期待できないものの、現況指数の改善が予想されることから、8月実績を上回る見込み。

■30日(水)午前10時45分発表予定
○(中)9月財新製造業購買担当者景気指数-予想は53.3
8月実績は53.1と4カ月連続で景況拡大と悪化の節目を上回っており、製造業の景況感は回復している。国内経済活動は一定水準を維持しており、雇用情勢は改善しつつあることから、9月は8月実績に近い数値になると予想される。

■10月1日(木)午前8時50分発表予定
○(日)日銀短観7-9月期調査-予想は大企業製造業DIは-22
参考となる4-6月期実績は、-34で1-3月期の-8から26ポイント悪化した。7-9月期については、一部地域を除いて経済活動は拡大しており、景況感は多少改善していることから、大企業製造業DIは10ポイント程度改善する見込み。

■10月2日(金)午後9時30分発表予定
○(米)9月雇用統計-予想は非農業部門雇用者数は前月比+90.0万人、失業率は8.2%
多くの州で経済活動は段階的に拡大しているものの、ウイルス感染者の増加は続いており、雇用者増加数は100万人に届かない見込み。失業率はわずかに低下する見込みだが、労働参加率の動向次第となりそうだ。

○その他の主な経済指標の発表予定
・29日(火):(独)9月消費者物価指数速報値
・30日(水):(日)8月鉱工業生産速報値、(中)9月製造業PMI、(独)9月失業率、(欧)9月ユーロ圏消費者物価指数、(米)9月ADP雇用統計、(米)4-6月期国内総生産確報値、(米)9月シカゴ購買部協会景気指数
・10月1日(木):(欧)8月ユーロ圏失業率、(米)8月コアPCE価格指数、(米)9月ISM製造業景況指数
・10月2日(金):(日)8月失業率《FA》

関連記事

広告