欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制

2020年9月18日 17:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:37JST 欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、米緩和の長期化観測がドル買いを抑制
18日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。重要イベント通過に伴いリスク回避の円買いは後退し、底堅いクロス円に追随する見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和長期化への思惑は、ドル買いを抑制しそうだ。

今週予定されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合、英中銀金融政策委員会(MPC)など主要中銀の政策発表など重要イベントが通過。ほぼ市場の予想通りの内容となったことから、リスク回避的な円買いは後退しつつある。前日の取引ではポンド・円が大きく売られる場面もあったが、クロス円はおおむね上昇基調に振れた。

本日アジア市場でもその地合いが受け継がれ、主要通貨は全般的に対円で底堅い値動きに。ドル・円は7月末の安値104円19銭が一時意識されたが、クロス円に追随し105円回復を目指す。

この後の海外市場でも、イベント通過で円買いは後退する見通し。長期金利や原油価格の回復は円売りを支援し、主要通貨を小幅に押し上げそうだ。一方、トランプ米大統領は17日のウィスコンシン州での集会で、新たに130億ドル規模の農業補助金を支給する考えを示した。

前日発表された経済指標で新規失業保険申請件数は予想よりも悪化し、株安を受けドル売りに振れた。今晩はトランプ政権の農業支援で株価が持ち直せば、ドルは下げづらい。ただ、FRBによる実質ゼロ金利の長期化が見込まれるなか、ドルの戻りは限定的となろう。


【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・7月経常収支(6月:+207億ユーロ)
・21:30 米・4-6月期経常収支(予想:-1600億ドル、1-3月期:-1042億ドル)
・21:30 カナダ・7月小売売上高(前月比予想:+1.0%、6月:+23.7%)
・23:00 米・9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:75.0、8月:74.1)
・23:00 米・8月景気先行指数(前月比予想:+1.3%、7月:+1.4%)
・23:00 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加
・01:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁オンライン討論会参加《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース