ジーニーが自社開発のチャットボットツール「Chamo」を大幅リニューアル

2020年9月8日 13:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ジーニー<6562>(東マ)は自社開発のチャットボットツール「Chamo(チャモ)」を大幅にリニューアルしたと発表した。

ジーニー<6562>(東マ)は自社開発のチャットボットツール「Chamo(チャモ)」を大幅にリニューアルしたと発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■導入実績4500社以上

 ジーニー<6562>(東マ)は自社開発のチャットボットツール「Chamo(チャモ)」を大幅にリニューアルしたと発表した。

 UI/UXを刷新したほか、顧客データを蓄積する「カスタマー管理機能」、キャンバス形式の直感的な操作でチャットボットを作成できる「シナリオ機能」、CVR向上に効果的な「EFO機能」を新たに搭載し、プロダクトロゴも刷新した。

 「Chamo」は、2015年のサービス提供開始以降、4500社を超える顧客企業に導入。今回、チャットツールベンダーとして蓄積してきた知見と顧客企業からの声を反映し、より拡張性・連携性の高いプロダクトへと進化させることを目的として、全面的なリニューアルを実施した。

■追加機能

(1)顧客管理のためのデータを蓄積する「カスタマー管理機能」   顧客情報をカスタマイズして管理できるようになった他、顧客ごとのチャット履歴参照や、利用動向から自動で顧客にタグを付与、ラベリングできるようになった。

(2)直感的な操作でチャットボットを作成できる「シナリオ機能」   特別なITスキルがなくても、現場の担当者が分岐やループ等を含む高度な顧客対応シナリオを直感的な操作で作成できる。

(3)CVR向上に効果的な「EFO(エントリーフォーム最適化)機能  顧客が資料請求、または購入フォームにエントリーする際の入力補助機能を備え、フォームからの途中離脱率を軽減。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング