東京金概況:上昇、6200円台値固めの動き

2020年7月13日 16:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:09JST 東京金概況:上昇、6200円台値固めの動き
TOCOM金 21年6月限・日中取引終値:6214円(前日日中取引終値↑29円)

・推移レンジ:高値6221円-安値6194円

13日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年6月限)は上昇した。先週末の米国株高の流れを引き継ぎ、東京株式市場はリスクオンムードが広がり株価が上昇した。しかし、新型コロナ感染症拡大への警戒感が一段と強くなっていることに加え、トランプ米大統領の強硬姿勢などで、米中対立激化への懸念も大きくなっていることもあり、安全資産としての金の需要はさらに拡大している。金先物は先週末は利益確定売りが優勢となり上昇一服となったが、今日は朝方から堅調に推移し、6200円台値固めの動きとなった。《YN》

関連記事