NHKでも話題のヴァーチャルショップ! カンディハウスの家具を自宅で堪能

2020年7月10日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

Zoom会議などで家でも一日中椅子に座るようになった方。写真:

Zoom会議などで家でも一日中椅子に座るようになった方。写真:[写真拡大]

写真の拡大

 Zoom会議などで家でも一日中椅子に座るようになった方。改めて椅子の大切さに気づかされているのではないでしょうか?

 7月4日、創業52年を迎えたカンディハウスの新作家具が全世界に向けて発表・発売された。今年は、6月恒例の北海道・旭川での家具の祭典「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」が中止となったこともあり、このタイミングとなった。

 ・イケア創業者/イングヴァル・カンプラードを誘拐!?

 まず新作として「KYOBASHI」が登場。デザインは、トネリコの米谷ひろしさんで、ミニマリズムを徹底。椅子が単体として用いられ正面から眺めるというシーンは、実はあまりない。ほとんどがテーブルに差し込まれている状態を人は背後から眺めている。それを意識したというデザインは、「空間の中のいちアイテムとしての椅子」という位置づけであり空間デザイナーらしい発想だ。

 製作過程では、カンディハウスチームとのコミュニケーションも円滑に進んだ。「製作上難所と思われたところも、意外に『できますよ〜』という反応でびっくりしました」(米谷さん)。カンディハウス側からの逆提案もあったといい、ディスカッションの過程で木(もく)と張り地の組み合わせについてもさまざまなアイデアが出たという。

 「シンプルでありながら素材感が出て、いい作品ができあがった」(カンディハウス代表取締役社長 藤田哲也さん)。

 また、昨年発売され好評を博した深澤直人さんの椅子「KOTAN」にも、テーブル、ハイチェア、ハイスツールが追加モデルとして登場。「椅子はそうそう買い換えるものではない。でも外出自粛を機会に、自分にとっての椅子の存在を自然に考えていたのではないか」(深澤直人さん)。

 ショールームを再開したブランドもあるが、カンディハウスでは従来のショールームを再開したほか、VIRTUAL SHOPをオープン(https://www.condehouse.co.jp/news/condehouse-news/virtualshop/)。一足先にオープンしていた旭川本社併設のショールームに加え、東京、大阪のショールームがヴァーチャルでも巡れる。今後他の各ショールームも続くとみられる。

 ヴァーチャルショールームで新作と家具展巡りを愉しんでみては。(文:fy7d)

【関連記事】

 「あつ森」の綺麗な海で泳ぐ!
最新テレビより“ちょっと前のテレビ”のほうがお得な理由とは?
モコモコが可愛すぎ、「あつ森」キャラに「ジェラート ピケ」を!「ユミ カツラ」ドレスも
イケア創業者/イングヴァル・カンプラードを誘拐!?

関連キーワードNHK

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース