相場展望7月6日号 米雇用統計で7/2、+450ドル超上昇⇒+92高と失速 雇用統計改善するもコロナ再感染拡大懸念が強まる(1/2)

2020年7月6日 08:04

小

中

大

印刷

・決算発表(4~6月)を控え様子見姿勢強まりそう

■I.米国株式市場

●1.米雇用統計の6月非農業部門雇用者数と失業率は予想より好転

 1)雇用者数は1939年以降で過去最多の+480万人増(予想+323万人)

【前回は】相場展望6月29日号 IMFが株式・債券の再暴落を警告 (新型コロナ再拡大で、実体経済との乖離拡がる)

 2)失業率11.1%(予想12.5%)、前月の3月13.3%からやや改善。雇用の悪化に底打ち感が強まった。

●2.米ダウは7月2日、雇用統計で一時+450ドル超の上昇 ⇒ 終値+92ドル小幅高に失速

 1)雇用統計で、失業率が改善したことから景気回復への期待が強まり、買い注文が先行。

 2)だが、新規感染者数は5万人超と過去最多を更新し、新型コロナ感染再拡大への懸念もあり、先行き景気に対する警戒感も強く、伸び悩んだ。

 3)参考:前月雇用統計発表時の米ダウは6/5に+829ドル高、6/6に+461ドル高だった。

 4)IT関連銘柄の多いナスダック指数は、4日連続値上がりし、2日続けて最高値更新した。

●3.4~6月期の決算見通しは前年同期比減益、通期見通しの撤回や下方修正もあり決算動向に注目

 1)7月2日時点のSP500企業の1株当たり利益見通しは、前年同期比▲24.9%で、3四半期連続の減益が見込まれる。

 2)6月の雇用統計は改善したが、失業保険継続受給者数は1,929万人と予想1,900万人を上回り、雇用改善の遅れを示唆している。

 3)また、新型コロナ感染再拡大に伴う経済活動の再開停止や規制の再導入を始める州も出ており、雇用の改善には時間がかかるとみられる。

 4)7月中旬から始まる4~6月期の決算発表で、企業に景況感の変化に関心が集まる見込み。

●4.米連邦議会予算事務局(CBO)のGDP見通し、2020年▲5.9%(前回▲5.6%)と低下

●5.大統領選挙・民主党候補のバイデン氏が認知症と有権者38%が思う

 1)米世論調査機関大手のラスムセン社が6月29日調査の発表で判明した。米国のメディアの多くが「驚きの世論調査結果」として報道した。

 2)民主党バイデン陣営に衝撃走る。

 3)バイデン氏の失言やミスの事例。
  ・コロナウイルスで米国は1億2,000万人が死んだ。 ⇒ その時点の死者数は12万人
  ・ここノースカロライナ州では・・・        ⇒ バージニア州に居る時に
  ・オハイオ州とアイオワ州を言い間違い

続いて、「中国株式市場」「日本株式市場」の分析、「注目銘柄」へ

関連キーワードソフトバンク日経平均アメリカ中国シンガポール尖閣諸島香港インドZTE花王失業率雇用統計日銀短観

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース