欧州為替:ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルは一段高

2020年7月2日 18:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:16JST 欧州為替:ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルは一段高

欧州市場でドル・円は弱含み、107円30銭台に値を下げた。欧州株式市場は主要指数が総じて強含むほか、米株式先物は上げ幅を拡大しており、リスク選好ムードで安全通貨のドルは売られている。一方、欧州連合(EU)の復興基金に関する協議が来週開催されるとの見通しも、ユーロ買いの支援材料。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円34銭から107円48銭、ユーロ・円は121円16銭から121円34銭、ユーロ・ドルは1.1275ドルから1.1302ドル。《TY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース