レオパレス21 急落、レノの保有割合低下が伝わる

2020年7月2日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:54JST レオパレス21---急落、レノの保有割合低下が伝わる
レオパレス21<8848>は急落。前日に公表された大量保有報告書によると、旧村上ファンド系の投資会社とされるレノによる同社株の売却が判明しており、売り材料とされる形になっているようだ。共同保有3社の保有割合は合計で16.77%から15.05%にまで低下している。先には、大規模増資の引き受け提案なども報じられていたが、こうした思惑は後退する形のほか、追加売却による需給悪化も意識される状況のもようだ。《HH》

関連記事

広告

財経アクセスランキング