NY外為:リスク回避が後退、ウイルスワクチン治験の良好な結果を好感

2020年7月1日 22:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:10JST NY外為:リスク回避が後退、ウイルスワクチン治験の良好な結果を好感


NY外為市場ではリスク回避の動きが後退した。ユーロ・円は120円26銭の安値から120円60銭まで上昇。ドル・円は107円36銭の安値から107円48銭まで上昇した。

ファイザーやバイオンテックがウイルスワクチン治験の初期段階での良好な結果を発表。下落していた米株先物が上昇に転じた。米10年債利回りは0.67%から0.69%まで上昇した。《KY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング