藤井聡太七段の最年少タイトル王手にネット話題「将棋星人」「ラノベ主人公みたい」

2020年6月29日 19:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

新世代の躍動に、将棋界は大盛り上がりだ。写真:第91期棋聖戦・第2局に臨む渡辺明棋聖(左)と藤井聡太七段(右)

新世代の躍動に、将棋界は大盛り上がりだ。写真:第91期棋聖戦・第2局に臨む渡辺明棋聖(左)と藤井聡太七段(右)[写真拡大]

写真の拡大

 新世代の躍動に、将棋界は大盛り上がりだ。

 藤井聡太七段が6月28日、都内で実施された第91期棋聖戦の第2局で、渡辺明棋聖に勝利。2連勝を果たし、史上最年少での将棋界タイトルの奪取に王手をかけた。

 ・漫画超え? 藤井聡太の31年ぶり最年少タイトル挑戦が話題 昼メシはカツカレー

 紺の和装で第2局に臨んだ藤井は、渡辺棋聖を相手に、守りで使うのが定石とされる「金」を攻めに活用。藤井の大胆な戦法が決め手になり、藤井は第1局に続いて勝利をおさめた。次戦でも勝利すると、棋聖のタイトルを獲得する。

 7月19日に18歳の誕生日を迎える藤井は、王位戦の挑戦権も獲得している身。今回の棋聖戦、王位戦のいずれかでタイトルを奪取すれば、屋敷伸之九段が持つタイトル獲得の最年少レコード(18歳6ヵ月)を更新する。

 加えて、棋王・王将と合わせてタイトル三冠を保持する渡辺棋聖は、現役最強と謳われ、過去にタイトル戦でストレート負けを喫したことがない。もし藤井が今回3連勝を飾れば、この記録も塗り替える。

 “ひふみん”こと加藤一二三九段は、藤井の第2局の勝利について「完勝でした! 万全なる事前研究のもと、大舞台に臨まれており、非の打ち所がないことに感嘆するばかり。将棋界の歴史をいともたやすく塗り替える予感に満ちあふれた17歳」と激賞。

 SNS上でも、ファンが「強すぎる」「ケタ外れの天才!」「将棋星人」「本当にラノベ主人公みたい」「序盤、中盤、終盤どれもが超一流」と絶賛コメントが相次いでいる。

 2020年世界コンピュータ将棋オンライン大会で優勝したAI将棋ソフト「水匠」の開発者である杉村達也氏も、ツイッターで反応。藤井の58手目の3一銀は、水匠に「4億手読ませた段階では5番手にも挙がりませんが、6億手読ませると、突如最善手として現れる手だったようです」とつづり、将棋ファンを驚かせた。

 第91期棋聖戦の第3局は、7月9日に都内で実施される予定。新時代の幕開けとなるのか注目だ。

【関連記事】

 劇場公開を断念してNetflix配信へ、アニメ『泣きたい私は猫をかぶる』の新戦略に注目
[動画]橋本八段出演/スマホRPGゲーム「ワールドクロスサーガ」のTVCM「戦略」篇
TWICEだけじゃない! K-POPガールズグループで活躍する日本人
[動画]将棋界の実話を、松田龍平、妻夫木聡、松たか子他豪華キャストで映画化/映画『泣き虫しょったんの奇跡』特報

関連キーワード将棋ソフト渡辺明藤井聡太

関連記事

広告

財経アクセスランキング