初リモート開催のゆうばり国際映画祭、9月18日開幕! キービジュアルはアニメーター安彦良和氏

2020年6月25日 18:52

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』が、9月18日から5日間にわたって開催されることが明らかにされた。写真:アニメーターの安彦良和氏が手がけた第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』キービジュアル

第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』が、9月18日から5日間にわたって開催されることが明らかにされた。写真:アニメーターの安彦良和氏が手がけた第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』キービジュアル[写真拡大]

写真の拡大

 第30回『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』が、9月18日から5日間にわたって開催されることが明らかにされた。合わせて、アニメーターの安彦良和氏が手がけた映画祭のキービジュアルが披露された。

 ・ゆうばり国際映画祭「ニューウェーブアワード」受賞 松岡茉優インタビュー/2015年記事

 30回目を迎えるアニバーサリーイヤーにして、冬から夏開催へ変更する第1回目となる今年の本映画祭は、新型コロナウイルス感染予防、及び拡散防止に最大限努めるという考えのもと、夕張市内での上映開催を中止。オンラインでの開催を予定している。

 また、『宇宙戦艦ヤマト』や『勇者ライディーン』『超電磁ロボ コン・バトラーV』『無敵超人ザンボット3』を手がけた安彦氏の手による本映画祭のキービジュアルが完成。躍動感あふれるタッチで、夕張市のマスコットキャラクター「メロン熊」と翼の生えたトラが戦う中、人々が逃げまどう…というファンタスティックな世界が強く打ち出されている。

 安彦氏は「メロン熊にやられました。『絶対描く』と心に決めて描きました。こんなのがいたんですね、夕張には。ゆるくない(これ、もしかして北海道弁?)ゆるキャラ。北海道出身者なのに知りませんでした。ほかにも魅力一杯の夕張。負けるな!(コロナにも!)」とエールを送っている。

 また同映画祭実行委員長の上田博和氏は「北海道発の<世界で一番、楽しい映画祭>を目指し、映画人と映画を愛するファンの方々、すべての方々にファンタスティックと感じてもらえるようなメインビジュアルをお願いするには、同じ北海道出身であるレジェンドの安彦先生をおいてはいないと思い、事務局の総意で先生にご依頼した」とコメント。30回目にして初となるオンライン映画祭開催に向けて、期待を込めた。

【関連記事】

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭フェスティバルディレクター/澤田直矢インタビュー

[動画]あの伝説的作品がIMAX&4Dで緊急公開!映画『ダークナイト』予告編
『半沢直樹』続編初回は7月19日! 新作ドラマの放送が続々スタート
[動画]【前編】手越祐也緊急記者会見(ノーカット)

関連キーワード北海道ゆるキャラゆうばり国際ファンタスティック映画祭宇宙戦艦ヤマト松岡茉優新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース