相場展望6月23日号 株式相場の流れが変化する『潮目の兆し』か? 乱高下し始め、上昇の危うさが膨らむ。8月頃注意?(1/2)

2020年6月23日 07:00

小

中

大

印刷

■I.米国株式市場

●1.米国株式の上昇期(3月24日~6月8日)『金融、コロナ・バブル相場』

 1)バブル期に見られた「買うから上がる、上がるから買う」という状況となり、短期筋や個人を中心に割り切って投資するというムードになり、市場の関心が需給相場に集中した様子。

【前回は】相場展望6月16日号 高株価とファンダメンタルズとの乖離は持続せず

 2)こうなると、新型コロナの影響から実体経済の回復が遅れるというネガティブな見方はかき消されてしまっている。

 3)株式市場においては、コロナ対策として打ち出された、
  (1)米連邦準備制度理事会(FRB)による、量的資金緩和策と低金利策
  (2)米政府による財政措置が続くという期待
 で空前の効果が高まり、株式市場は高株価を演出している。

●2.ポジティブ・サプライズ 『米労働省6/5発表の米雇用統計の前月比+250万人増加』で大幅な株高

 1)米株式市場は雇用減少を予測していただけに、このサプライズを好感し、NYダウは6/5に+829ドル高の27,110ドルとなった。翌6/6は+461ドル高の27,572ドルと直近最高値を出した。

 2)しかし、FRBは「コロナショック」を極めてシビアに見ており、2020年経済見通しを▲6.5%、失業率も2020年で9.3%と予測している。雇用も緩慢なペースでした改善が進まないことを示唆している。なお、失業率は4月14.7%、5月は13.3%と前月比改善しているようにえるが、いずれも1933年5月の25.6%に次ぐ失業率の高さであることに留意したい。

●3.米株式の乱高下期(6月9日~) 『ボックス相場』

 1)株価上昇期間が3ヶ月を超え、6月11日にはNYダウは▲1,861ドル下落・▲6.9%下落し、他の主要株価指数(ナスダック総合、SP500)も急落し、恐怖指数(VIX)は急騰した。
  ・下落の要因は、ニューヨーク市で新型コロナ感染者数の再増加が懸念され、市場の熱狂は水を差されたためだ。米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は、「新型コロナの終焉にはほど遠く、感染が再び勢いを増すリスクは依然ある」と述べている。
  ・経済が順調に再開すれば、景気回復が予想通りV字型回復になるとの心地よい期待を抱いていた投資家に警鐘を鳴らしたように見える。

 2)ただし、調整の定義と言われる「▲10%の下落」には至らなかった。

 3)当面は、比較的狭いレンジでのボックス相場に移行すると見られる。

●4.米国株式の上昇に危うさをはらむ懸念『コロナ・バブル崩壊』、8月頃に警戒か?

 1)新型コロナ感染拡大の第2波は払拭されたわけではなく、金融政策頼みの急ピッチな株価上昇には危うさが膨らむ。

 2)より長期的な見通しに伴う不確実性を軽視すべきでなく、株価上昇に伴ってリスクは大きくなっている。その場合、悲観的な見方が広がり、実体経済が株式市場に追いつくまで上昇基調が一時停止する可能性がある。

 3)ただし、現在はまだそこまで行っていない。

 4)しかし、超低金利によって、債務返済額が利益を上回る状態に陥ったゾンビ企業が急増し米国企業全体の18%を超えたことに留意したい。

 5)注目は、(1)経済活動再開と、(2)それに伴う新型コロナの感染の再拡大、(3)ワクチン開発。

●5.UBSが警告を発す

 1)知名度の低い銘柄の急騰の誘惑に負けないように助言。

 2)富裕投資家はそのような急騰銘柄は敬遠を。

●6.米、先週分の新規失業保険申請件数は150.8万件と、予想(129万件)を上回った

 1)米・失業保険継続受給者数は2,054万人と、予想(1,985万人)を上回った。

 2)ただ、経済再開もレイオフの第2波で労働市場の回復遅れが懸念される。

●7.FRB(米連邦準備制度理事会)関連の発言

 1)パウエルFRB議長: 危機体制崩さず。
 2)クリーブランド地区連銀総裁: 米回復は長い道のり、緩和策の維持必要。ワクチンで景気回復という楽観シナリオに重点を置かず。

●8.米国経済の小売売上高は前月を上回る

 1)5月小売売上高は前月比+17.7%増と、市場予想+8.4%増を大きく上回った。

●9.11月の大統領選挙予想で、バイデン候補が支持率でトランプ大統領を13%上回る

 1)有権者を逆撫でするトランプ発言等で、トランプ支持の岩盤だったキリスト教福音派の支持率はこの2ヶ月で11%も低下、農村部でも過去1ヶ月で14%下落した。

 2)大統領選と同時に行われる上院選挙でも、共和党は悲惨な選挙結果になる事態もあり得る。

続いて、「中国株式市場」「日本株式市場」の分析、「注目銘柄」へ

著者プロフィール

中島義之

中島義之(なかしま よしゆき) 

1970年に積水化学工業(株)入社、メーカーの企画・管理(財務含む)を32年間経験後、企業再生ビジネスに携わる。 現在、アイマックスパートナーズ(株)代表。 メーカーサイドから見た金融と企業経営を視点に、株式含む金融市場のコメントを2017年から発信。 発信内容は、オープン情報(ニュース、雑誌、証券リポート等々)を分析・組み合わせした上で、実現の可能性を予測・展望しながらコメントを作成。

記事の先頭に戻る

関連記事

広告

財経アクセスランキング