コロナめぐる映画業界のオンライントークセッションスタート! 第1回ゲストは行定勲監督&別所哲也

2020年6月4日 20:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(以下、SSFF & ASIA)が、6月4日よりオンライントークセッションシリーズをスタートする。写真:第1回ゲストの行定勲監督

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(以下、SSFF & ASIA)が、6月4日よりオンライントークセッションシリーズをスタートする。写真:第1回ゲストの行定勲監督[写真拡大]

写真の拡大

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(以下、SSFF & ASIA)が、6月4日よりオンライントークセッションシリーズをスタートする。第1回ゲストは、行定勲監督と同映画祭のホストである別所哲也。

 ・TOHOシネマズ半端ないって!営業再開の関東圏で『AKIRA』『E.T.』『ショーシャンクの空に』…レジェンド映画めっちゃ上映するもん

 SSFF & ASIAは、ショートフィルムの映画祭を原宿で始動した6月4日(1999年)を、「ショートフィルムの日」として記念日登録。毎年、この時期にSSFF & ASIAを開催している。しかし今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を鑑みて、開催自体を秋以降に延期した。

 今回は、SSFF & ASIAは映像制作や映画祭、映画配給・興行といった映画業界の各立場からゲストを迎えて、現状と未来像を語るトークセッションシリーズを、YouTubeにて展開する(https://www.youtube.com/user/SSFFchannel/featured)。

 第1回は、コロナの状況下にショートフィルム『きょうのできごと a day in home』をリモートで制作・発表、くまもと復興映画祭のディレクターもつとめる行定監督が出演。第2回は最新作『本気のしるし』が今年のカンヌ映画祭のオフィシャルセレクションに選ばれた深田晃司監督、第3回はクリエイティブディレクター /小説家の高崎卓馬氏、第4回は世界初の「コロナ国際短編映画祭」をいち早く展開したフェスティバルディレクターのデジャン氏を招く。

 また、映画祭がこれまで実施してきたセミナーやワークショップの映像アーカイブ33点を、YouTubeにて一挙公開。是枝裕和監督、河?直美監督、故・大林宣彦監督、黒澤清監督らによる映像制作秘話を国内外のフィルムメーカーに届けるという。

 映画業界の行く末を考える貴重な場となりそうだ。

 【SSFF & ASIA特別企画 オンライントークセッションシリーズ スケジュール】
・第1回:2020年6月4日(木)20:00〜21:30
別所哲也×行定勲(映画監督/くまもと復興映画祭ディレクター)ほか
「映画祭のニューノーマルとは?クリエイター目線での価値を考える」

 参加申込み先: https://shortshortsonlineevent0604.peatix.com/

 ・第2回:2020年6月18日(木)20:00〜21:30
別所哲也×深田晃司(映画監督/NPO法人独立映画鍋共同代表)
「映画文化と映画館の重要性」

 ・第3回:2020年7月2日(木)20:00〜21:30
別所哲也×高崎卓馬(クリエイティブディレクター / 小説家)
「ブランデッドムービーの魅力とコロナ後の広告業界」

 ・第4回:2020年7月16日(木)20:00〜21:30
デジャン氏インタビュー(コロナ国際短編映画祭ディレクター)
「海外の映画祭、クリエイター事情」

 【関連記事】

 【興行トレンド】映画館は夏まで閉鎖の可能性も。新型コロナが襲うアメリカ映画界、日本への影響は?
[動画]映画が生き延びるために、ここは〔仮設の映画館〕。マナーCM
【興行トレンド】新型コロナで苦境の映画館が猛反発、『トロールズ』デジタル配信1億ドルの裏で…
[動画]映画街もひっそり。新型コロナ感染拡大…映画館は“土日休館”(2020年4月4日)

関連キーワード是枝裕和新型コロナウイルス

広告