日経平均は193円高でスタート、日立やリクルートHDが堅調

2020年5月28日 09:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21612.90;+193.67TOPIX;1562.08;+12.61

[寄り付き概況]

 28日の日経平均は前日比193.67円高の21612.90円と続伸で取引を開始した。27日の米国市場はNYダウが553ドル高と続伸。全米で経済活動の再開に伴い景気回復への楽観的な見方が広がり、上昇して寄り付いた。JPモルガン(JPM)のダイモンCEOが、比較的速やかな回復の可能性に言及したことも期待を強めた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比150円高の21640円。円相場は1ドル107円80銭台で推移している。この流れから本日の日経平均は続伸スタートとなった。その後も200円を超える上げ幅に拡大する展開となっている。

 業種別では、石油・石炭製品、鉱業を除き、鉄鋼、証券・商品先物取引業、銀行業、保険業、輸送用機器、ゴム製品、空運業などを筆頭にほぼ全業種がプラスで推移している。売買代金上位では、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、日立<6501>、リクルートホールディングス<6098>などがプラスで推移。一方、レーザーテック<6920>、任天堂<7974>などがさえない動きとなっている。《US》

広告