ペッパーフードSがストップ高、緊急事態宣言の解除など好感される

2020年5月26日 10:21

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■4月から国内全店舗で営業休止や時短営業を続けていた

 ペッパーフードサービス(ペッパーフードS)<3053>(東1)は5月26日、買い気配で始まり、取引開始後に一時ストップ高の629円(100円高)で売買され活況高となっている。

 5月26日から東京都を含め全都道府県で緊急事態宣言が解除され、営業自粛などの段階的な緩和が進められることになり、材料視されている。

 同社は4月30日発表のリリースで、国内の全店舗(4月29日現在、ペッパーランチ事業122店舗、レストラン事業8店舗、いきなり事業125店舗)で営業時間の短縮及び一部店舗営業自粛の措置を取っております、と開示していた。調査筋の中には、今回の長期営業自粛を契機に店舗合理化などが進む可能性があると期待する様子もあある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)
【編集長の視点】スペースバリューHDは2Q上ぶれ業績を見直し3Q決算に期待して続伸(2020/02/07)
インテージホールディングスは調整一巡、20年6月期3Q累計順調(2020/02/14)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想(2020/02/14)
クレスコは上値試す、20年3月期3Q累計順調で通期上振れ余地(2020/02/14)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告