監視社会のリアリティ! 極秘開発の犯罪予知システムを描くクライムサスペンス

2020年5月22日 19:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

テクノロジーの進歩によって、映画の世界だけで起きていたようなことも、いまでは現実となっており、それに合わせて私たちの生活も日々変化している。写真:『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』シーズン1〜5 Huluで配信中 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

テクノロジーの進歩によって、映画の世界だけで起きていたようなことも、いまでは現実となっており、それに合わせて私たちの生活も日々変化している。写真:『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』シーズン1〜5 Huluで配信中 (C)Warner Bros. Entertainment Inc. [写真拡大]

写真の拡大

 テクノロジーの進歩によって、映画の世界だけで起きていたようなことも、いまでは現実となっており、それに合わせて私たちの生活も日々変化している。実際、コロナ禍でもその様子は世界各地で見られ、マスク着用の確認や体温モニタリングをするパトロールロボットや街中を監視する警察のドローンなど、ひと昔前では見られなかった光景を目にすることとなった。そこで、未来の世界を一足先に垣間見れる海外の人気ドラマを5月13日〜19日のHuluの週間ランキングからピックアップ。

 ・『野ブタ。をプロデュース』の色あせない魅力に、新たなファン!

今回ムビコレが注目するのは、5位の『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』。放送が開始された2011年には、本国アメリカでその年の新作No.1に輝いたメガヒットシリーズだ。手掛けたのは、『LOST』や『スター・トレック』など、テレビでも映画でも活躍し続けているヒットメーカーJ.J.エイブラムスとクリストファー・ノーラン監督の実弟で『ダークナイト』の脚本家でもあるジョナサン・ノーラン。最強タッグが仕掛ける次世代クライム・サスペンスとして、人気を博している。

政府によって極秘に開発されたのは、テロ攻撃の危険性を事前に察知する犯罪予知システム。このシステムでは、テロだけでなく日常的に起こる凶悪犯罪も予知していたが、政府ではテロ以外は“無用”とされていた。そこで、開発者でもある天才プログラマーのハロルド・フィンチは、その情報を密かに入手し、元CIAのジョン・リースとともに、未来に起こる犯罪を制裁することとなる。

すでに起きた事件を解決するのではなく、事件が起きる前に阻止するという斬新な設定と、予測不可能な展開が多くの視聴者を虜にしている本作。スリリングで見応えのあるストーリーやアクションなど、見どころ満載の刺激的なシリーズとして必見だ。

 そのほか、上位3作品の顔ぶれに変更はないが、先週2位に落ちた『ウォーキング・デッド』が、『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』を抑えてふたたび1位に返り咲いた。3位には最新シーズンが絶賛配信中の『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』が入っているが、女性を中心に高い支持を得ているシリーズだけに、今後もさらなる健闘が期待される。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 5月13日〜19日の週間ランキング/海外ドラマ】
1位『ウォーキング・デッド』
2位『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』
3位『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』
4位『プリズン・ブレイク』
5位『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』
6位『SUITS/スーツ』
7位『ゲーム・オブ・スローンズ』
8位『ゴースト 〜天国からのささやき』
9位『ブラインドスポット』
10位『HOMELAND/ホームランド』

【関連記事】

 「鬼滅の刃」完結を迎えたヒット作の噂にネット騒然!
『野ブタ。をプロデュース』の色あせない魅力に、新たなファン!
25分でわかりやすく、日本メディアとはひと味違う新型コロナの解説番組
オスカー受賞取り違え事件の当事者同士がタッグ! 見応えあるテレビシリーズ

関連キーワードHuluウォーキング・デッドクリストファー・ノーラン

広告

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース