これがTOHOシネマズの本気か!営業再開ラインナップが「全力過ぎる」と話題

2020年5月14日 17:18

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

5月15日より、TOHOシネマズは東北や九州、四国など全国10館の営業を再開する。写真:『シン・ゴジラ』より、ゴジラの全身ビジュアル (C) 2016 TOHO CO.,LTD.

5月15日より、TOHOシネマズは東北や九州、四国など全国10館の営業を再開する。写真:『シン・ゴジラ』より、ゴジラの全身ビジュアル (C) 2016 TOHO CO.,LTD.[写真拡大]

写真の拡大

 5月15日より、TOHOシネマズは東北や九州、四国など全国10館の営業を再開する。映画ファンの間では、営業再開に伴って公式ホームページで公表されている作品ラインナップが「全力過ぎる」と話題だ。

 ・映画街もひっそり。新型コロナ感染拡大…映画館は“土日休館”

 TOHOシネマズは、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言発令を受け、全館の営業を休止。5月に入り、一部エリアで映画館の休業要請が解除されたことを受け、15日から全国10館で営業を再開する。

 TOHOシネマズの公式ホームページでは、12日付けでコロナ感染予防の対応について説明。全従業員のマスク着用や消毒液の設置のほか、飛沫感染防止のために「原則1席ずつ間隔を空けて座席指定券を販売」するという。また販売は当日のみで、20時以降のレイトショー上映は休止する。

 そうした最中、SNS上では「TOHOシネマズの営業再開に向けた上映ラインナップが全力過ぎる」「本気過ぎてヤバい」「見に行きたい!」と話題だ。

 例えばTOHOシネマズ仙台は『君の名は。』(16年)、『天気の子』(19年)、『シン・ゴジラ』(16年)、『パラサイト 半地下の家族』(19年)、『AKIRA アキラ(IMAX)』(88年)、スティーヴン・キング原作の『ショーシャンクの空に』(94年)など人気作を惜しげもなく展開。さらにビクター・フレミング監督・ジュディ・ガーランド主演の『オズの魔法使』(39年)なども揃えている。なんだこれ、めっちゃ見に行きてぇぞ!

 営業が再開される映画館近くに住み、「あの作品の感動を映画館で味わいたい!」という方はぜひ足を運ばれたし。

 ・営業が再開される10館の一覧
TOHOシネマズおいらせ下田(青森県)
TOHOシネマズ仙台(宮城県)
TOHOシネマズ宇都宮(栃木県)
TOHOシネマズ浜松(静岡県)
TOHOシネマズサンストリート浜北(静岡県)
TOHOシネマズららぽーと磐田(静岡県)
TOHOシネマズ新居浜(愛媛県)
TOHOシネマズ高知(高知県)
TOHOシネマズ長崎(長崎県)
TOHOシネマズ与次郎(鹿児島県)

【関連記事】

 【興行トレンド】新型コロナで苦境の映画館が猛反発、『トロールズ』デジタル配信1億ドルの裏で…
[動画]貧乏家族の暮らす半地下の家は匂い立つような再現度/映画『パラサイト 半地下の家族』メイキング
【興行トレンド】 新型コロナが米映画業界を直撃、劇場主らが政府に支援要請。ネット配信も加速
[動画]トム・クルーズが今度は教官に!映画『トップガン マーヴェリック』予告編

関連キーワードゴジラシン・ゴジラ君の名は。ららぽーと天気の子パラサイト 半地下の家族新型コロナウイルス

広告