ACM Digital Library、コロナ感染拡大受け6月30日までオープンアクセスに

2020年4月2日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 コンピュータサイエンスに関する米国の学会ACM(Association for Computing Machinery)が、同学会の論文ライブラリであるACM Digital Libraryの6月30日までの無償解放(オープンアクセス化)を決めた(ACMの発表)。

 新型コロナウイルスの感染拡大によってリモートワークなどを行う研究者などが増え、また大学などのキャンパスが閉鎖される動きもあることからの対応。期間内は論文などの閲覧やダウンロードがすべて無償で行える。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | サイエンス | IT

 関連ストーリー:
筑波大学、発表論文を原則オープンアクセスにする方針を決定 2015年11月26日
コロナウイルス関連論文を読むために必要な費用が高いとしてそれら無断で共有する人たち 2020年02月06日
米トランプ政権、国家資金援助を受けた研究の学術論文を出版時点から無償で閲覧できるよう義務付ける計画との噂 2020年01月03日
論文海賊版サイトSci-Hubに対し、取得されていないものまでも含めたドメイン差し止め命令が下る 2018年04月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

広告