マクアケは売り一巡、20年9月期大幅増収増益予想

2020年3月30日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 マクアケ<4479>(東マ)はクラウドファンディングのWebプラットフォームを運営している。20年9月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で上場来安値に接近した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、売り一巡して出直りを期待したい。

■クラウドファンディングのプラットフォームを展開

 19年12月東証マザーズに新規上場した。サイバーエージェント<4751>の連結子会社で、国内NO.1の購入型クラウドファンディングのWebプラットフォーム「マクアケ」を運営している。

■20年9月期大幅増収増益予想

 20年9月期業績(非連結)予想は、売上高が19年9月期比62.8%増の21億87百万円で、営業利益が3.8倍の4億78百万円、経常利益が3.7倍の4億76百万円、純利益が3.7倍の3億30百万円としている。応援購入総額は7割増を目指している。

 第1四半期は売上高が5億19百万円、営業利益が1億02百万円だった。掲載開始数が増加し、応援購入総額が大幅に拡大した。会員数も順調に増加した。通期予想に対する進捗率は売上高23.7%、営業利益21.3%と概ね順調だった。通期も収益拡大を期待したい。

■株価は売り一巡

 株価は地合い悪化で上場来安値に接近した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、売り一巡して出直りを期待したい。3月27日の終値は3170円、時価総額は約364億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース