STARMARIEの渡辺楓、5月10日をもって卒業&芸能活動終了

2020年3月29日 19:39

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

日高央(ひだか・とおる)プロデュースによる「DEAD」、Command S.incが手掛けた「ALIVE」の2曲を収録した最新シングル「DEAD or ALIVE」を発売したばかりのSTARMARIE(スターマリー)。写真:渡辺楓

日高央(ひだか・とおる)プロデュースによる「DEAD」、Command S.incが手掛けた「ALIVE」の2曲を収録した最新シングル「DEAD or ALIVE」を発売したばかりのSTARMARIE(スターマリー)。写真:渡辺楓[写真拡大]

写真の拡大

 日高央(ひだか・とおる)プロデュースによる「DEAD」、Command S.incが手掛けた「ALIVE」の2曲を収録した最新シングル「DEAD or ALIVE」を発売したばかりのSTARMARIE(スターマリー)。4月14日には吉祥寺CLUB SEATAで単独公演「STARMARIE OneManLive『DEAD or ALIVE THE FINAL』」も開催するが、そのライブを間近に控える中、メンバーの1人、渡辺楓(わたなべ・かえで)が5月10日の公演を最後にSTARMARIEからの卒業のみならず、芸能界での活動を終了することが発表された。

 ・STARMARIEのアーティスト写真はこちら

 渡辺はSTARMARIEに2014年6月に加入。以降、STARMARIEは、アニメ主題歌を手がければ、3度の中野サンプラザ単独公演、北米ツアー、フィリピンや台湾などアジア各国で定期的な単独公演の開催と、世界を舞台に活動を続けてきた。渡辺自身も6年間に渡って、STARMARIEの一員としてできること、やるべきことを行ってきた。その上で出した「わたしがSTARMARIEとして担うべきことは、もちろん。芸能活動を通して表現したいことはまっとうできた」という答え。残る4人のメンバーも、彼女の意志を尊重し、今回の結論を前向きに受け止めた。

 STARMARIEは5月上旬に「STARMARIE GW ツアー〜The Bright Future〜」と題し、渡辺の生まれ故郷である兵庫県も含む、4本のワンマンツアーを行なうことを発表した。同ツアーのファイナル地となる5月10日原宿クエストホールでの公演が、渡辺にとって最後のステージとなる。5人のSTARMARIEの姿と接する機会は、すでに限られている。

【関連記事】

 SKE48の大矢真那、卒業コンサートで涙!
X21リーダーの吉本実憂、笑顔の卒業ライブ!
アイドリング!!!が10月31日をもってメンバー全員卒業!
モーニング娘。の道重さゆみ、田中れいなの卒業に「あと1ヵ月かと思うと寂しい」

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース