欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米景気減速への思惑も週末控え買戻し

2020年3月27日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米景気減速への思惑も週末控え買戻し
27日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る値動きを予想したい。米国の雇用関連統計が危機的な水準を示し、リセッション懸念を背景とした売りが続く見通し。ただ、ドルは週末を控え買い戻す動きも想定され、下げは限定的となりそうだ。

26日に発表された米国の新規失業保険申請件数は、過去最多の+328.3万件。新型コロナウイルスの感染拡大阻止のために、企業の業務停止や人員削減を進めた結果が反映された。市場は+100-150万人とある程度の悪化を織り込んでいたが、想定を遥かに凌ぐ内容を受け米国経済への不安が広がっている。米連邦準備制度理事会(FRB)議長も後退局面に突入した可能性を示唆し、ドルは流動性に着目した買いを巻き戻す動きに振れた。本日アジア市場で、ドル・円は109円をあっさり割り込んだ後、108円前半に下げる場面もあった。

この後の海外市場でも米国経済の後退局面入りが意識され、ドル売り地合いが続きそうだ。米国のウイルス感染者数が中国やイタリアを上回り、経済活動が一段と収縮するとの見方が背景。半面、対ドルで持ち直した欧州通貨やオセアニア通貨は、週末前の利益確定売りにさらされやすい。また、株式市場で調整の売りに傾けば、混乱回避の思惑からドル買いに転じるだろう。なお、東京での感染抑止を目的とした外出自粛の動きも材料視される。日本経済を圧迫するとの観測から円買いが見込まれる一方、円の保有を回避する売りも警戒される。

【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・2月個人所得(前月比予想:+0.4%、1月:+0.6%)
・21:30 米・2月個人消費支出(前月比予想:+0.2%、1月:+0.2%)
・21:30 米・2月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.7%、1月:+1.6%)
・23:00 米・3月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:90.0、速報値:95.9)《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース