(中国)上海総合指数は0.71%安でスタート、各国移動制限の強化などを嫌気

2020年3月26日 10:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:42JST (中国)上海総合指数は0.71%安でスタート、各国移動制限の強化などを嫌気
26日の上海総合指数は売り先行。前日比0.71%安の2761.90ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時35分現在、0.74%安の2760.89ptで推移している。各国が移動制限を強化していることに伴うサプライチェーンが寸断するとの懸念が嫌気されている。一方、各国の経済対策や中国国内における企業の操業再開などが指数をサポートしている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月に発売されたる「日清MCTオイルHC」のポーションタイプ。(画像: 日清オイリオグループの発表資料より)
  • AI英会話アプリ「スピークバディ」iOS最新版の画面(画像:アップアレイ発表資料より)
  • 天王星とそのリング(c) Lawrence Sromovsky、University of Wisconsin-Madison/W.W. Keck Observatory/NASA
  • Photo : 新型ラグジュアリースポーツ車(画像: マツダ使用許諾済み)
  • sol-1448でキュリオシティが捉えた画像(スコット・ワーリング氏によればエイリアントカゲが写っているという) 出典:NASA
  • 地上から懸命に指示を送るNASAのフライトコントローラーの面々 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース