山崎賢人、“生涯忘れられない味”は自分で釣った魚の味

2020年3月26日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

山崎賢人と松岡茉優が3月25日、丸の内ピカデリーで行われた映画『劇場』の完成記念イベントに寛一郎、行定勲監督、又吉直樹(ピース)とともに出席。写真:山崎賢人

山崎賢人と松岡茉優が3月25日、丸の内ピカデリーで行われた映画『劇場』の完成記念イベントに寛一郎、行定勲監督、又吉直樹(ピース)とともに出席。写真:山崎賢人[写真拡大]

写真の拡大

 山崎賢人と松岡茉優が3月25日、丸の内ピカデリーで行われた映画『劇場』の完成記念イベントに寛一郎、行定勲監督、又吉直樹(ピース)とともに出席。新型コロナウイルスの影響により無観客で行われた会場で、本作にちなんだトークを繰り広げた。

 ・映画『劇場』完成記念イベント、その他の写真

 本作は、芥川賞作家の又吉が手がけた同名小説を原作とする青春ラブストーリー。演劇に身も心も捧げ、社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田(山崎)と、彼の夢を信じる健気な沙希(松岡)の2人が織りなす、7年間の切ない恋愛模様を描写する。

 出席者らは、ガランと静まる約800席ある劇場の中央に座ってトークすることに。松岡が「不思議〜!」と声を上げれば、行定監督は「なかなかないことだから、これは記録しておいたほうがいいよね。今しかない風景だと思う」と述べた。

 本作について山崎は「初めて原作を読んだとき、『絶対長田をやりたいな』と思った。長田の人間のダメさや弱さ、愚かさが魅力的で、共感できるなと思って演じていた」とコメント。すると松岡は、山崎が松岡を後ろに乗せて自転車をこぎながら、台本4ページ分のセリフを言う長回しシーンの撮影を振り返り「(山崎が)1回も(セリフを)噛まない」と目を丸くした。

 また、作品にちなみ「生涯忘れられないこと」を聞かれた山崎は、中学時代に家族で大島に行った際のエピソードを披露。「釣りして、とった魚を民宿のおじさんが焼いてくれた魚の味は忘れられない。すごくおいしかった。『自分で釣ったのって、こんなにうまいんだな』と思った。次は(自分で魚を)さばきたい」と屈託のない笑顔を見せた。

 イベント終盤には、行定監督と親交の深いポン・ジュノ監督から、本作に関する熱のこもった長文の手紙が届いたことが明らかに。MCが代読した抜粋では「青春期の男女の感情の、繊細な調律師である行定監督ならではの、熟練した、老練な腕前を再確認できる作品」と本作が褒め称えられ、山崎と松岡は名指しで「(演技が)すばらしく、本当に良かった」と評された。

 これに山崎は「うれしい…ですね…」と感無量の様子。行定監督は「彼は律儀な人間。(本作に関して)『いつまでにコメントがほしい?』とちゃんと言ってくれる。それまでに見なきゃいけないということで、英語字幕があるんだけど、日本語が分かるスタッフと一緒に見て、完全に把握する。そこがやっぱりポン・ジュノらしい」と話し、ほほ笑んでいた。

 『劇場』は4月17日より全国公開となる。

【関連記事】

 山崎賢人×松岡茉優×又吉直樹(原作)、不器用で切なすぎる恋愛描く『劇場』特報解禁
[動画]山崎賢人と松岡茉優が紡ぐ切なすぎる恋!映画『劇場』予告編
[動画]山崎賢人×松岡茉優×又吉直樹、不器用で切ない恋愛映画『劇場』特報
[動画]告られた松岡茉優がうれしさのあまり超ハイテンション!映画『勝手にふるえてろ』本編映像

関連キーワード山崎賢人松岡茉優又吉直樹新型コロナウイルス

広告

財経アクセスランキング