三谷幸喜×香取慎吾のコメディ『誰かが、見ている』今秋Amazon Prime Videoにて独占配信

2020年3月24日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

三谷幸喜が監督と脚本を担当し、香取慎吾が主演をつとめるドラマシリーズ『誰かが、見ている』が、今秋よりAmazon Prime Videoにて独占配信されることがわかった。写真:

三谷幸喜が監督と脚本を担当し、香取慎吾が主演をつとめるドラマシリーズ『誰かが、見ている』が、今秋よりAmazon Prime Videoにて独占配信されることがわかった。写真:[写真拡大]

写真の拡大

 三谷幸喜が監督と脚本を担当し、香取慎吾が主演をつとめるドラマシリーズ『誰かが、見ている』が、今秋よりAmazon Prime Videoにて独占配信されることがわかった。

 ・三谷幸喜、新生・PARCO劇場で新作上演「脚本はできてます、僕の頭の中に」

 今年はPrime Videoのプライム会員向けサービスが日本で開始して5周年。その記念作品として、三谷幸喜×香取慎吾という豪華タッグが実現。2人は2004年の大河ドラマ『新選組!』をはじめ、映画『THE 有頂天ホテル』(16年)や18年に上演された舞台「日本の歴史」など、数々の魅力的な作品を作り出してきた。

 そんな2人が今回手がけるのは “シットコム”。シットコムとはシチュエーションコメディの略で、『フルハウス』や『フレンズ』などを筆頭に、海外で親しまれているドラマジャンルの1つ。同じ舞台と主要キャストで繰り広げるコメディドラマの形式だ。三谷作品ならではの洒落た会話や、思いがけない仕掛けの数々が展開され、香取がその高い要求に応えていく様子が描かれていく。

 初回収録を終えた三谷監督は 「17年前にやはりシットコムの『HR』をやって、またいつか香取さんとこのジャンルに挑戦したい、と思っていました。『日本の歴史』を終えた時、(香取さんに)『次は何をやるんでしたっけ?』と聞かれ『シットコムです!』と答えた。その時の香取さんの嬉しそうな顔が印象的でした。シットコムは俳優としての柔軟性も含め香取さんにぴったりだなと思います。今まで僕の作品では“周りに振り回される香取慎吾”が多かったですが、今回は香取さんの方がみんなを振り回していくパターン。それもわくわくしています」とコメント。

 香取は「三谷さんとまたお仕事ができて本当に楽しかったです。難しいことへの挑戦でもありましたが、いつも現場は笑いに包まれていました。『どこから見ても、どこを見ても面白い、それがシットコムだ』と三谷さんが教えてくださったとおりの作品になっていると思います。Amazon Prime Videoで配信されるので、誰もが観たい時に観られるのはもちろんのこと、ぜひ皆さんに繰り返し何度でも見ていただき、笑顔になっていただけたら僕もうれしいです」と話している。

【関連記事】

 [動画]三谷幸喜、新生・PARCO劇場で新作上演「脚本はできてます、僕の頭の中に。」
三谷幸喜監督の絶妙トークに台湾ファンも大爆笑!
[動画]竹内結子、「泣きながらセリフ覚えた」と三谷幸喜監督に恨み節
三谷幸喜人気が復活! ミドルシニア層に支持され1位に

関連キーワードAmazon三谷幸喜Amazon Prime香取慎吾

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース