27日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で反発、本土銀行セクターに買い

2020年2月27日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:00JST 27日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で反発、本土銀行セクターに買い
27日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比82.13ポイント(0.31%)高の26778.62ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が91.49ポイント(0.87%)高の10593.11ポイントとそろって反発した。売買代金は1104億6700万香港ドルとなっている(26日は1195億9700万香港ドル)。

中国の景気刺激策に期待感が強まる流れ。中国人民銀行(中央銀行)はウエブサイトを通じ、「中小・零細企業の金融支援のため、市中銀行に対し合計5000億人民元の資金を低利で供給する」などと発表した。人民銀の副行長は27日午後、「必要ならばさらに増額する」と補足説明している。新型コロナウイルスの感染が世界的に広がり、パンデミック(世界的流行)の懸念が強まるなか売りが先行したものの、指数は後場途中から上昇に転じた。

ハンセン指数の構成銘柄では、中国政府系デベロッパーの華潤置地(1109/HK)が3.5%高、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が3.4%高、本土最大手行の中国工商銀行(1398/HK)が2.3%高と上げが目立った。

セクター別では、中国の銀行が高い。上記した中国工商銀行のほか、中国建設銀行(939/HK)が1.9%、招商銀行(3968/HK)が1.8%、中国農業銀行(1288/HK)と中国銀行(3988/HK)がそろって1.6%、交通銀行(3328/HK)が1.2%ずつ上昇した。利ザヤ改善の期待が高まっている。

ゼネコンや建材のインフラ建設セクターもしっかり。中国鉄建(1186/HK)が5.2%高、中国交通建設(1800/HK)が4.2%高、中国中鉄(390/HK)が2.7%高、安徽海螺水泥(安徽コンチセメント:914/HK)が5.5%高、中国建材(3323/HK)が4.9%高、華潤水泥HD(1313/HK)が3.9%高とそろって続伸した。中国交通運輸部は25日、春節(旧正月)で中断していた建設プロジェクトの早期再開を指示している。予定しているプロジェクトについても、着工も急ぐよう求めた。

半面、中国の自動車セクターは安い。華晨中国汽車HD(1114/HK)が2.8%、北京汽車(1958/HK)が2.0%、比亜迪(BYD:1211/HK)と東風汽車集団(489/HK)がそろって1.9%、長城汽車(2333/HK)が1.3%ずつ下落した。中国汽車工業協会は26日、今年1月の新車販売台数が前年同月比で19%減少したと報告。2月の生産・販売台数に関しては、1月よりも落ち込みが拡大すると予測している。

一方、本土市場は4日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.11%高の2991.33ポイントで取引を終えた。セメント株が高い。食品飲料株、テレワーク関連株、医薬品株、公益株、金融株の一角なども買われた。半面、自動車株は安い。ハイテク株、不動産株、エネルギー株も売られた。

【亜州IR】《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース