見たらキスしたくなる!?葉山奨之&堀田茜出演『キスカム!』予告編解禁

2020年2月26日 17:38

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

葉山奨之、堀田茜、八木アリサ、塚本高史らが出演する映画『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』より、“キスシーン多め”の予告映像が解禁された。写真:(C)2019吉本興業

葉山奨之、堀田茜、八木アリサ、塚本高史らが出演する映画『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』より、“キスシーン多め”の予告映像が解禁された。写真:(C)2019吉本興業[写真拡大]

写真の拡大

 葉山奨之、堀田茜、八木アリサ、塚本高史らが出演する映画『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』より、“キスシーン多め”の予告映像が解禁された。合わせてシンガーソングライター・井上苑子が手がけた挿入歌も明らかにされている。

 ・解禁された予告映像はこちら!

 本作は、“見たら今すぐキスしたくなる”をテーマに、キス映画の限界に挑戦したロマンティック・コメディー。彼女のサヤ(堀田)にフラれた橋口海(葉山)が、「恋愛コンサル」という奇妙な会社に出向し、キスによって恋人たちの「寄りを戻す」仕事に励む。そんな中、CEOと元カノのサヤが恋愛コンサルに寄り戻しの依頼を持ってきて…。橋口は人生を一発逆転すべく、前代未聞の大規模イベントを仕掛ける、というストーリーが展開される。

 解禁された映像は、海が恋人のサヤに「別れよう…」と切り出されるシーンから始まる。傷心の海は、勤める化粧品会社のCEOの命令で、“恋愛で困っている人たちを助ける”グループ企業に出向させられることに。他人の恋愛を助けるために孤軍奮闘する中、なぜかキスの練習までする海が見て取れる。

 予告映像の解禁に合わせて今回、挿入歌「ラブリー」も初出し。同曲を担当したのは、2015年に17歳でメジャーデビューを果たし、若い世代から圧倒的支持を集める井上。この映画のために書き下ろした「ぜんぶ。」は主題歌に起用されており、井上自身が本作への出演も果たしている。

 井上は今回の楽曲提供について「映画の主題歌、そして挿入歌どちらも担当させていただけることになって、映画の台本を読ませていただいてから曲を作りました。自分自身、恋の歌をたくさん書いてきましたが、それはいつも恋の始まりの歌が多かったので、今回の作品に寄り添った曲を作るにあたって、正直あまり今まで考えたことのない愛を考えました。『私なりに』でしかありませんが、少しでもたくさんの方に届くと嬉しいです」とコメントしている。

 『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』は4月3日より全国公開となる。

【関連記事】

 堀田茜、菅田将暉との熱愛報道否定「お友だちです」
[動画]映画『夏ノ日、君ノ声』葉山奨之インタビュー
堀田茜、“パートナーに求める条件”は「笑いのツボが合う人」
[動画]葉山奨之が幸せ絶頂の山里亮太をイジる!?「ハピタス」新CM『ウサ山くんとカメ里さん』篇(甲羅キャンペーン&メイキング)

関連キーワード堀田茜

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース