毎熊克哉&武田梨奈W主演『いざなぎ暮れた。』モナコ国際映画祭で2冠達成!

2020年2月26日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

毎熊克哉と武田梨奈が"主演をつとめた映画『いざなぎ暮れた。写真:モナコ国際映画祭に出席した武田梨奈と笠木望監督

毎熊克哉と武田梨奈が"主演をつとめた映画『いざなぎ暮れた。写真:モナコ国際映画祭に出席した武田梨奈と笠木望監督[写真拡大]

写真の拡大

 毎熊克哉と武田梨奈が"主演をつとめた映画『いざなぎ暮れた。』が、モナコ国際映画祭にて最優秀主演男優賞にあたるベストアクター賞(毎熊)と最優秀撮影賞にあたるシネマトグラファー賞の主要部門2冠を受賞した。

 ・モナコ国際映画祭に出席した武田や笠木監督の様子、ベストアクター賞を受賞した毎熊の驚きのリアクション写真はこちら

 本作は、太古から続く諸手船神事(もろたぶねしんじ)が行われ、“神様に一番近い港町”と呼ばれる島根県松江市美保関町を舞台とするロードムービー。崖っぷちの男・ノボルが、親戚から金を奪うため、恋人のノリコとともに美保関町にやって来ることから物語が展開していく。

 モナコ国際映画祭は愛とノーバイオレンスをテーマにしており、出品される作品の資本による協賛金がオープンになっていることで話題にのぼる。『いざなぎ暮れた。』は、そんな同映画祭でブラックな作風ながらも主要部門二冠を達成。実力を証明する形となった。

 主演のノボル役を演じた毎熊は「モナコに行くことができずに残念に思っていましたが、まさかこのような賞を頂く事ができて光栄です!小さな街で少ないスタッフ、出演者で走り回って撮った作品です。特に武田さんとはパートナーなので、一緒に頂いたものだと思います。撮影の原さんも、おめでとうございます!これから都内での公開もひかえているので、励みになります」とコメント。

 毎熊の恋人役ノリコを演じた武田は「映画祭が終わった後、1人の審査員が私に声をかけてくれました。『あなたたちは映画の中でちゃんと生きていた。作りものとは思えなかった。本当に感動した』と涙ながらに伝えてくれました。毎熊さん演じるノボルくんの存在があったから、私もノリコとして生きれました。最優秀主演男優賞おめでとうございます! そして、我らが撮影部の原さん、体を張って撮ってくれてありがとうございました。最優秀撮影賞おめでとうございます!」と祝福した。

 また、脚本・監督を担当した笠木望監督は「審査員と参加者の幾人かに『君の作品がベストだ』という言葉をいただいて最高の気持ちでした。都市と田舎の対立が背景にあるこの物語が、最先端都市モナコの映画祭で認められたことは本当に意義深いことだと思います。松江市の皆さん、関係者の方々そしてすべてのキャストとスタッフに感謝しています」と受賞の喜びを語っている。

 『いざなぎ暮れた。』は、3月20日より全国公開となる(2月21日より島根県・松江東宝5にて先行公開)。

【関連記事】

 毎熊克哉&武田梨奈W主演映画『いざなぎ暮れた。』劇場公開決定!
[動画]武田梨奈、ミニスカたくし上げ青たん披露/『進撃の巨人』撮影裏話
夢はジャッキー・チェンとの共演! アクション映画の新星・武田梨奈インタビュー
[動画]崖っぷちの男と女が実の親戚にオレオレ…!?映画『いざなぎ暮れた。』予告編

関連キーワードいざなぎ暮れた。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース