相場展望2月25日号 中国との関係濃度で国別・銘柄の選別進む 米国の長短金利差の縮小・逆転に警戒(2/3)

2020年2月24日 16:56

小

中

大

印刷

■II.中国株式市場

●1.中国への依存度の高い(1)国(2)銘柄の株価は下落、低い国と銘柄は上昇し、格差

         国        銘柄
   1)高い: アジア諸国、日本、韓国  自動車、空運、機械、鉄鋼、非鉄金属
         台湾、フィリピン     旅行・ホテル、小売
   2)低い: 米国、欧州        IT、半導体、医薬品・機器、不動産
                      

●2.中国人民銀行(中央銀行)は2月17日、金融緩和に動く

 1)上海総合指数は大幅上昇だが、2月4日以降の12勝1敗は異常。官製相場?

●3.中国・武漢の新型肺炎患者の状況

 1)入院患者数3万人、うち重症者数1万人という。

●4.国際通貨基金(IMF)の要人発言

 1)新型肺炎の感染拡大は中国の成長を低下させ、他国・世界経済に影響する。

●5.新型肺炎を反映した2月分の中国製造業PMI(2月29日発表)に注目


●6.中国の全人代常務委員会(日本の国会にあたる)開催予定3月5日を延期


●7.新型肺炎で航空会社の売上減は3兆円超に 国際航空運送協会(IATA)発表

 1)うち、中国国内線の売上減少は43.6%を占め減収は約1兆4,300億円。

 2)2020年は航空会社にとって非常に厳しい年になるだろうと結論付けた。

 3)中国大手航空会社の海航集団は経営悪化のため中国大手3社が分割吸収。


続いて、「日本株式市場」の分析と「注目銘柄」へ

著者プロフィール

中島義之

中島義之(なかしま よしゆき) 

1970年に積水化学工業(株)入社、メーカーの企画・管理(財務含む)を32年間経験後、企業再生ビジネスに携わる。 現在、アイマックスパートナーズ(株)代表。 メーカーサイドから見た金融と企業経営を視点に、株式含む金融市場のコメントを2017年から発信。 発信内容は、オープン情報(ニュース、雑誌、証券リポート等々)を分析・組み合わせした上で、実現の可能性を予測・展望しながらコメントを作成。

記事の先頭に戻る

関連キーワード富士フイルム日経平均NYダウTOPIXアメリカ中国韓国訪日外国人国内総生産(GDP)半導体鴻海FOMC金融庁

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース