クロス・マーケティンググループ CRM分析支援サービス「カスタマージャーニー型データ分析」の提供開始

2020年2月21日 16:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:02JST クロス・マーケティンググループ---CRM分析支援サービス「カスタマージャーニー型データ分析」の提供開始
クロス・マーケティンググループ<3675>のグループ会社であるクロス・マーケティングは19日、企業のビッグデータ活用に向けたCRM分析支援サービス「カスタマージャーニー型データ分析」の提供を2月より開始したことを発表した。これは、顧客理解を目的とする企業のビッグデータ活用の課題に対し、フルカスタマイズでサポートするサービス。

社内外に点在する顧客データを時系列に統合・整理し、意識データと行動データを掛け合わせて分析することで、顧客のインサイト解明を目指す点が強み。顧客のデータ分析支援を基本としつつ、同社がマーケティングリサーチ企業として長年培ってきたアスキングによる意識データの取得と掛け合わせ、より精度の高いOne to Oneのマーケティング施策の実現を目指す。

今後も同社は、さまざまな手法を取り入れながら、顧客のマーケティングパートナーとして、ニーズに適したマーケティングリサーチ、マーケティングソリューションを提供していくとしている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース