東京為替:ドル・円は111円40銭付近、上海総合指数はプラス圏を維持

2020年2月20日 13:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:35JST 東京為替:ドル・円は111円40銭付近、上海総合指数はプラス圏を維持

20日午後の東京市場でドル・円は111円40銭近でのもみ合い。時間外取引の米ダウ先物の下げ幅縮小を受け日経平均株価はやや持ち直しており、日本株高を好感した円売りは継続。また、上海総合指数のプラス圏推移も円売りを支援。一方、米10年債利回りは下げ渋り、ドルは売りづらいもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円11銭から111円49銭、ユーロ・円は120円10銭から120円41銭、ユーロ・ドルは1.0791ドルから1.0815ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース