波瑠「衣装合わせが9時間かかった」と驚き

2020年2月20日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』の完全披露試写会が2月19日、笹川記念会館にて行われ、本作で初共演を果たした波瑠、成田凌を始め、共演の岡田健史、小澤征悦、黒木瞳、監督の遊川和彦が集結。写真:波瑠

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』の完全披露試写会が2月19日、笹川記念会館にて行われ、本作で初共演を果たした波瑠、成田凌を始め、共演の岡田健史、小澤征悦、黒木瞳、監督の遊川和彦が集結。写真:波瑠[写真拡大]

写真の拡大

 映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』の完全披露試写会が2月19日、笹川記念会館にて行われ、本作で初共演を果たした波瑠、成田凌を始め、共演の岡田健史、小澤征悦、黒木瞳、監督の遊川和彦が集結。波瑠は遊川組のこだわりについて語った。

 ・『弥生、三月 -君を愛した30年-』完全披露試写会、その他の写真

 本作は高校時代に運命的な出会いを果たした主人公・結城弥生(波瑠)と山田太郎(成田)の男女2人の30年間を3月だけで紡ぐ完全オリジナルラブストーリー。

 波瑠は本作出演のオファーについて「物語の中には東北の大震災などが描かれているので、仕事でこの期間が空いているから映画を入れようというような感覚で受けてはいけないと思いまして。これは今の私には対応しかねると思いまして(遊川監督に)お断りに行ったんですよ」と当時の裏話を披露。そんな波瑠の真意に気づいていなかった遊川監督は「断りにきたの!?」と思わず驚いた表情を見せた。「でもお話をする中で遊川監督がどれだけこの作品に情熱を持って挑んでいるかということに気がついて、最終的にはやらせていただきますとお答えさせていただきました」と主人公を演じることに至った経緯を打ち明けた。

 また、衣装合わせについて波瑠は「9時間かかって終わらなかったんです。現場が始まってから髪型だったりとかずっと調整が続いていて、これはきっと遊川組の洗礼だと思いました。ただ脱いでは着る脱いでは着るとロボットのようになっていました」と思わず愚痴をこぼした。成田も「遊川組の洗礼でいうと、衣装合わせが終わらないというのがありますね。(衣装合わせは)2日間やりましたね」と波瑠と同様、遊川組の衣装合わせのこだわりについて語ると観客からは笑い声が上がった。

 終盤には本作のテーマである30年の愛にちなみ”人生で変わらずに大事にしたいもの”についての質問コーナーが。本作で映画初出演を果たした岡田は「部屋をきれいに保つことです」とマイクを両手で持ちながら緊張気味に答えると成田が「耳真っ赤よ!」と突っ込み。これには観客席から「かわいい!」と黄色い歓声が。成田は「僕のことを会うたびに使い捨てカメラで1枚だけ写真を撮ってくれる人がいまして、ヘアメイクさんなんですけど。それを30年くらい続けてたらおもしろいなと思います」と語り、30年分の写真をまとめた写真集の期待が高まった。

 『弥生、三月 -君を愛した30年-』は3月20日より全国公開。

【関連記事】

 [動画]波瑠「衣装合わせに9時間…」とボヤく/映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』完成披露試写会

[動画]波瑠×成田凌、すれ違う2人の30年間のラブストーリー/映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』予告編

波瑠が『GODZILLA ゴジラ』日本語吹替版で映画の吹き替えに初挑戦。ヒロイン役

[動画]成田凌が岸井ゆきのの口元に優しく“追い”ケチャップ/映画『愛がなんだ』本編映像

関連キーワード波瑠遊川和彦黒木瞳小澤征悦

広告

広告

写真で見るニュース

  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース