東京為替:ドル・円は弱含み、日本株安で円買い主導

2020年2月18日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:58JST 東京為替:ドル・円は弱含み、日本株安で円買い主導

18日午前の東京市場でドル・円は弱含み。日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大で企業の業績などへの影響が懸念され、ランチタイムの日経平均先物は大幅安。後場の日経平均株価は下げ幅を拡大する可能性から円買い圧力が強まり、ドルは一時109円67銭まで弱含んでいる。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円72銭から109円86銭、ユーロ・円は118円78銭から119円06銭、ユーロ・ドルは1.0822ドルから1.0838ドルで推移。

【要人発言】
・中国国有資産監督管理委員会
「新型コロナウイルスの感染拡大による産業への影響は主に2月に表われる」
・豪準備銀行(議事要旨)
「2月の会合で追加利下げについて協議した」
「経済成長や雇用、インフレを支えるため一段の緩和の用意がある」
「新型コロナウイルスは世界経済に新たな不確実性のリスク」《TY》

広告

財経アクセスランキング