エコモット 3Q売上高13.06億円、連結業績予想を発表

2020年2月17日 13:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:42JST エコモット---3Q売上高13.06億円、連結業績予想を発表
エコモット<3987>は14日、2020年8月期第3四半期(19年4月-12月)連結決算を発表した。連結累計期間の売上高は13.06億円、営業損失は0.35億円、経常損失は0.33億円、親会社株主に帰属する四半期純損失は0.32億円となった。全社的に操業度の上がる第3四半期連結会計期間では営業利益が0.61億円となった。2020年8月期第2四半期連結会計期間より連結財務諸表を作成しているため、2019年3月期第3四半期の対前年同四半期増減率については記載していない。

インテグレーションソリューションにおいては、パートナー企業を通じた営業活動が進展し、顧客基盤の拡大、ストック売上の積み上げが続いている。

コンストラクションソリューションにおいては、土木関連市場の情報化施工案件の獲得や、防災対策のIoT化といったニーズの高まりを受け、顧客基盤の拡大は堅調に推移している。

モニタリングソリューションにおいては、パッケージサービスの導入件数が増加し、累計契約数が拡大している。

GPSソリューションにおいては、累計契約数の拡大に伴う、ストック売上の積み上げが続いているものの、当第3四半期累計期間が新端末開発及びリリース後の受注獲得に向けた営業活動期間に重なり、フロー売上は減少した。

2020年8月期より決算期を3月31日から8月31日に変更し、また当第2四半期連結会計期間より連結決算に移行している。決算期変更後の2020年8月期連結業績予想(17ヶ月)については、売上高は27.50億円、営業損失は0.80億円、経常損失は0.77億円、親会社株主に帰属する当期純損失は0.68億円とすることを同日発表した。移行期間となる2020年8月期は同社の操業度が低下する4月から8月を2ヶ年分含むことから、通期で営業損失の計上を見込んでいる。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース