エリアリンク—2019年12月期業績は主に一過性の引当金による特別損失計上で最終赤字

2020年2月17日 13:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:40JST エリアリンク—2019年12月期業績は主に一過性の引当金による特別損失計上で最終赤字
エリアリンク<8914>は14日、2019年12月期決算を発表した。同社は昨日業績予想の会社計画修正を公表している。売上高は前期比1.1%増の293.33億円、営業利益は同8.9%増の30.30億円、経常利益は同18.3%増の30.00億円、当期純損失は17.53億円となった。特別損失59億円計上による当期純損失ではあるが、主に一過性の引当金による特損計上。

一方、不動産運用サービス事業および不動産再生・流動化サービス事業ともにほぼ計画通りに推移したことから、売上高、営業利益、経常利益ともに修正後の計画(売上高290.00億円、営業利益28.00億円、経常利益27.00億円)を上回る水準で着地した。

セグメント別にみると、売上構成比の8割強を占める不動産運用サービス事業は、売上高が前期比4.3%減の240.54億円、営業利益が同14.4%減の29.50億円と予算通り減収減益となった。不動産再生・ 流動化サービス事業は売上高が前期比42.7%増の52.78億円、営業利益が同91.9%増の12.49億円となった。

2020年12月期業績の会社計画は、売上高が前期比15.8%減の247.00億円、営業利益が同24.1%減の23億円、経常利益が同26.7%減の22.00億円、当期純利益が黒字転換し13.00億円。2019年12月期に計上した一過性収益(保有不動産売却(売上14億円、営業利益6億円)、3号ファンド(売上33億円、営業利益5億円))を除くと、実質的には増収増益の計画となっている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
  • トヨタ・ハイランダー(画像: 米国トヨタの発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
 

広告

ピックアップ 注目ニュース