日経平均は下落、10-12月期GDP速報値の悪化を嫌気、売り一巡後のマド埋めに注目/ランチタイムコメント

2020年2月17日 12:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:08JST 日経平均は下落、10-12月期GDP速報値の悪化を嫌気、売り一巡後のマド埋めに注目
 日経平均は下落。150.56円安の23537.03円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えた。新型コロナウイルスによる肺炎への警戒感を一段と強めているなか、こう着感の強い相場展開が続くとの見方がコンセンサスであったが、寄り付き前に発表された10-12月期の国内総生産(GDP)速報値の悪化が嫌気された。

 ギャップスタートから23500円を下回って始まった日経平均は、その後23335.99円まで下げ幅を広げる局面をみせている。ただ、前引けにかけては次第に買い戻しの流れが優勢となり、下げ幅を縮めてきていた。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1800を超えており、全体の8割を占めている。セクターでは空運の下落率が2%を超えた他、金属製品、海運、食料品、倉庫運輸、精密機器、鉄鋼が軟調。半面、ゴム製品、水産農林が小じっかりだった。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、アドバンテスト<6857>、TDK<6762>、テルモ<4543>、キリンHD<2503>、東エレク<8035>が軟調。一方で、ソフトバンクG<9984>、ダイキン<6367>、ファナック<6954>がしっかり。

 寄り付き前段階では225先物は比較的底堅く推移していたが、10-12月期の国内総生産(GDP)速報値が短期筋の売り仕掛けに向かわせた格好であろう。実質の季節調整値で前期比1.6%減、年率換算で6.3%減だった。コンセンサスは年率で3.9%減だったこともあり、予想以上の悪化に対してアルゴが働いたようである。

 とはいえ、日本経済は5四半期ぶりのマイナス成長に沈んだが、足元では新型コロナウイルスによる感染拡大に伴う経済への影響が警戒されていることもあり、一段の悪化が不安視されている中では、その後のショートカバーの勢いも期待しづらいところではある。

 日経平均は、ギャップスタートとなったことで、上にアイランドリバーサル形状を残す格好となり、直近の上昇でシグナル好転をみせていたが、一転、シグナルが悪化する可能性もある。一先ず75日線レベルでの下げ止まりをみせてきており、長い下ヒゲを残している。先週末の安値が23600円処に位置しており、ますはマドを埋めてくることが出来るかが注目される。25日線レベルが上値抵抗として意識されるとみられるが、マドを埋めることが出来れば、幾分センチメントは改善するだろう。《AK》

広告

財経アクセスランキング