相場展望2月17日号 米国株急上昇vs日本株鈍い動き、その理由は?(1/2)

2020年2月17日 09:53

小

中

大

印刷

・米国株急上昇vs日本株鈍い動き、その理由は?
・良い情報には敏感に上昇、悪い材料は無視
  ⇒ これが金融相場
  ⇒ 悪材料に反応し始めると怖い相場に

■I.米国株式市場

●1.米国株式市場の動向

 1)2月初めから14日までNYダウは+1,140ドル(4.0%)と大幅高を演じた。
  (日経平均は+482円(2.1%)と、NYダウと比べ上昇幅が小さかった)

【前週は】相場展望2月10日号 金融相場が、脆弱な実体市場を支える株式市況続く

●2.米国株式市場の強み

 1)米国市場の最大の支援者(1)トランプ大統領 (2)パウエルFRB議長の存在。

 2)巨大ハイテク企業であるGAFAが株式市場を強力に牽引するエンジン役。
   GAFA:グーグル(アルファベット)、アップル、フェイスブック、アマゾン

 3)世界中から運用資金を集められる力。

■II.中国株式市場

●1.中国が抱える困難な課題

 1)新型ウイルスの流行が拡大中

 2)米国との通商対立もまだ解決していない

 3)多くの銀行が資本不足で、経済の成長支援がままならない
  ・2020年の中国経済の成長率は30年ぶりの低い伸びで、銀行は既に記録的な貸し倒れに苦しんでおり、遥かに深刻な脅威が銀行システムを飲み込みつつある。

●2.中国、最悪の経済シナリオに現実味

 1)UBSの予測
  (1)2019年末時点の経済成長率は6.0%。
  (2)2020年1~3月期の経済成長率は3.8%に急減速。
  (3)2020年通期
   ・ウイルスが3ヵ月以内に封じ込めると、5.4%。
   ・感染が長期化した場合は、年間成長率は5%を割り込む。

 2)ゴールドマン・サックスの予測
  (1)2020年1~3月期は4.0%。
  (2)2020年通期は5.5%。

 3)格付大手S&Pグローバル・レーティングの予測
  (1)2020年の通期成長率を、従来の5.7%から5.0%に大きく引き下げた。

 4)米ピーターソン国際研究所の予測
  (1)2020年1~3月期は4.0%。

 5)JPモルガンの見方
  (1)2020年1~3月期は1.0%。

 6)米セントルイス連銀のブラード総裁は11日、中国経済は新型コロナウイルス感染拡大への対抗措置(都市封鎖・交通遮断・自宅隔離・休日延長など)で、2020年上期は「目に見えて減速する」との見方を示した。
  また、米2年国債利回りの低下は、米経済に対する疑念ではなく、むしろ「中国を発生源とする新型コロナウイルスが世界経済に及ぼすリスクを反映している公算が大きい」と述べた。

 7)格付会社S&Pが中国の格下げの可能性あり、との報道があった。

●3.新型肺炎の影響

 1)中国、春節期間の旅行者は新型肺炎の感染拡大で▲40%減少
  ・中国・交通運輸省が9日発表
  ・中国の大半の省・市が、新型ウイルスの拡散を抑えるため、休暇期間を9日まで1週間延長していた。
  ・中国の出稼ぎ労働者は約2億8,800万人と、労働人口の3分の1を占める。ただ、各地で実施の移動制限のため、連休からのUターンは進んでいない。北京では居住地域によっては数日間の自宅待機が義務付けられており、「人材の確保が難しい」という。

 2)中国の物価高騰
  ・白菜1個が1,000円と春節前の3倍、ダイコンとキュウリは2倍の値。
  ・新型肺炎による肺炎の感染拡大で、中国の生産や物流が滞って物価が急騰。
  ・1月の消費者物価指数(CPI)上昇率が5.4%と、8年3ヵ月ぶりの高水準。

 3)中国の1月自動車販売は前年比▲18%減少
  ・中国の自動車業界団体の中国汽車工業協会は14日、新型コロナウイルスの影響で上半期の国内自動車販売が▲10%以上減少する見通しを示した。

 4)世界の航空会社の損失、「2003年のSARS」と同レベルの見通し
  ・世界の航空会社30社が中国便の運行を一時停止。
  ・SARSは、60億ドルの損失をもたらした。
  ・アナリストは、感染拡大の収束で、航空需要は急速に回復と述べた。

 5)米WTI原油価格は、中国等の需要減の懸念で1年ぶり安値の49ドル台

続いて、「日本株式市場」の分析と「注目銘柄」へ

著者プロフィール

中島義之

中島義之(なかしま よしゆき) 

1970年に積水化学工業(株)入社、メーカーの企画・管理(財務含む)を32年間経験後、企業再生ビジネスに携わる。 現在、アイマックスパートナーズ(株)代表。 メーカーサイドから見た金融と企業経営を視点に、株式含む金融市場のコメントを2017年から発信。 発信内容は、オープン情報(ニュース、雑誌、証券リポート等々)を分析・組み合わせした上で、実現の可能性を予測・展望しながらコメントを作成。

記事の先頭に戻る

関連キーワード消費者物価日経平均NYダウアメリカ中国インバウンド個人消費新型コロナウイルス

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月に発売されたる「日清MCTオイルHC」のポーションタイプ。(画像: 日清オイリオグループの発表資料より)
  • AI英会話アプリ「スピークバディ」iOS最新版の画面(画像:アップアレイ発表資料より)
  • 天王星とそのリング(c) Lawrence Sromovsky、University of Wisconsin-Madison/W.W. Keck Observatory/NASA
  • Photo : 新型ラグジュアリースポーツ車(画像: マツダ使用許諾済み)
  • sol-1448でキュリオシティが捉えた画像(スコット・ワーリング氏によればエイリアントカゲが写っているという) 出典:NASA
  • 地上から懸命に指示を送るNASAのフライトコントローラーの面々 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース