『ヒロアカ』『鬼滅の刃』『コナン』…トップ10の半数をアニメが制す!

2020年2月15日 10:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

先日行われた第92回アカデミー賞で、ポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』が作品賞をはじめ主要4部門を獲得し、現在世界を席巻中。写真:『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング 』 (C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

先日行われた第92回アカデミー賞で、ポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』が作品賞をはじめ主要4部門を獲得し、現在世界を席巻中。写真:『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング 』 (C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社 [写真拡大]

写真の拡大

 先日行われた第92回アカデミー賞で、ポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』が作品賞をはじめ主要4部門を獲得し、現在世界を席巻中。まさに映画の歴史が動いた瞬間であったともいえるほどの盛り上がりを見せているが、そんななかで視聴者の関心を集めている作品を2月5日〜11日のHulu週間ランキングから探っていきたい。

 ・『アナ雪2』『スター・ウォーズ』が2020年正月映画制す

まず、今回ムビコレが注目するのは、トップ10の半数を占めるアニメ作品。そのなかでも、『僕のヒーローアカデミア』は4週連続で1位に輝いており、他の追随を許さない勢いだ。原作は、週刊少年ジャンプで連載中の堀越耕平による同名コミックで、“無個性”の少年・緑谷出久が最高のヒーローを目指して成長していく姿が描かれている。

昨年末より公開されている映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』も、すでに興行収入15億円超えを記録する大ヒットとなっているだけに、ヒロアカブームはまだまだ各方面で続いていくこととなりそうだ。

そして、2位にランクインしたのは『鬼滅の刃』。こちらも週刊少年ジャンプで連載中の吾峠呼世晴によるコミックが原作だが、シリーズ累計発行部数4000万部を突破しているほどの人気ぶり。本作は、大正時代の日本を舞台に、鬼に家族を皆殺しにされ、鬼に変貌してしまった妹のために“鬼狩り”の道を進む決意をする心優しき少年の物語。子どもから大人まで幅広い層に支持されており、多くの視聴者数を獲得している。

そのほか、6位に『名探偵コナン』、8位に『ダイヤのA』、10位に『ブラッククローバー』と続いているが、上位に顔を揃えている1月期の新ドラマ3作品と今後入れ替わることができるのか、それとも折り返し地点に入ったドラマが後半にかけて追い込みをみせるのか。激しいランキング争いが期待されるところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 2月5日〜11日の週間ランキング/総合】
1位『僕のヒーローアカデミア』
2位『鬼滅の刃』
3位『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
4位『知らなくていいコト』
5位『トップナイフ −天才脳外科医の条件−』
6位『名探偵コナン』
7位『月曜から夜ふかし』
8位『ダイヤのA』
9位『ウェントワース女子刑務所』
10位『ブラッククローバー』

 【関連記事】

 『アナ雪2』『スター・ウォーズ』が2020年正月映画制す
清野菜名と横浜流星のアクションがキレッキレ! 高すぎ身体能力に目が釘付け
『おそ松さん』発の2.5次元ユニット「F6」理想のバレンタインを明かす
アニー賞・追悼コーナーで京アニ作品を上映

関連キーワード名探偵コナンHuluダイヤのA僕のヒーローアカデミアスター・ウォーズアカデミー賞ウェントワース女子刑務所週刊少年ジャンプブラッククローバー鬼滅の刃パラサイト 半地下の家族

広告