相場展望2月10日号 金融相場が、脆弱な実体市場を支える株式市況続く(1/3)

2020年2月10日 09:48

小

中

大

印刷

■I.米国株式市場

●1.良い経済情報で株価は驚異の回復

 (1)1月の米供給管理協会(ISM)の製造業景況指数は半年ぶりに50超え  
   ・1月ISM製造業景況指数 50.9(前月47.8)と昨年7月以来の高水準
 (2)1月ADP雇用統計は前月比+29.1万人増と、2015年来で最大の伸び
 (注)国防関係を除いた設備投資は弱く製造業の景況感が1月の様に大幅改善する可能性は低いため、ISM製造業指数の改善は一過性とみる。

【前週は】相場展望2月3日号 FRB議長、金融相場の終焉を示唆 新型肺炎ピーク後の株価はV型回復も

●2.石油と銅の市況が悪化し、金は上昇

 1)中国景気下振れ警戒で、世界景気の先行指標である銅・原油価格は下落

 2)逆に、リスクヘッジで金価格と仮想通貨(ビットコイン等)は上昇。

●3.米中央銀行のFRBは予防的金融緩和策を講じて米景気と米株をサポートの見通し

 1)金融相場が続くと予想。

・続いて、「中国市場」の分析へ

著者プロフィール

中島義之

中島義之(なかしま よしゆき) 

1970年に積水化学工業(株)入社、メーカーの企画・管理(財務含む)を32年間経験後、企業再生ビジネスに携わる。 現在、アイマックスパートナーズ(株)代表。 メーカーサイドから見た金融と企業経営を視点に、株式含む金融市場のコメントを2017年から発信。 発信内容は、オープン情報(ニュース、雑誌、証券リポート等々)を分析・組み合わせした上で、実現の可能性を予測・展望しながらコメントを作成。

記事の先頭に戻る

関連キーワード日経平均中国インバウンド消費支出ユニクロスターバックス仮想通貨個人消費ISM製造業景況指数雇用統計日本製鉄新型コロナウイルス

広告