相場展望2月3日号 FRB議長、金融相場の終焉を示唆 新型肺炎ピーク後の株価はV型回復も(1/3)

2020年2月3日 08:15

小

中

大

印刷

■I.米国株式市場

●1.パウエル発言は金融相場の終焉を示唆

 1)米FOMC(米公開市場委員会)後の記者会見で、パウエルFRB議長は「FRBによる資産購入拡大を4月にも終了する可能性」を示唆した。

【前回は】相場展望1月29日号 米国株に「新型肺炎」がブラックスワン? 目先は反動高も

 2)この発言によって、金融相場の終焉が近づいたとの懸念が投資家心理を冷す。業績回復期待で株価が高水準にあったハイテク株の下げが大きく、調整色強る。

 3)今回のFOMCで、行き過ぎた資金供給が適正水準に縮小されることになり、この先の米株価の上値追いは限定的となる可能性がある。

●2.NYダウ 1月30日 ダウ+124ドル高 ⇒ 1月31日 ダウ▲603ドル安

 1)30日の株式市況

  (1)米国では各国の感染防止策で新型肺炎を封じ込められるとの楽観論が優勢。
  (2)マイクロソフトやコカ・コーラの好決算発表を好感して株価上昇。アマゾンも好決算発表。

   ⇊

 2)31日の株式市況

  (1)WHOの緊急事態宣言と中国全土への新型肺炎拡大により、米政府は中国に対する渡航制限等を発表。
  (2)サプライチェーンとしての中国の生産・物流に対する懸念、人的交流の低下がもたらす悪影響を嫌気して株価が下落。

●3.米株式市場の楽観主義に衰え無いが、最高値更新は望めず

 1)米景気と業績改善期待感が強く、楽観主義に衰えがなく、世界株価下落の連鎖の歯止め役になっていた。

 2)FRBの資金供給の縮小と景気指標の実質的悪化に意識が傾く可能性もあり、今後の米国株の主要指数(ダウ、ナスダック、SP500)最高値更新は望めず。

●4.米国、世界保健機関(WHO)にならい新型肺炎で緊急事態宣言、2月2日実施

 1)内容:(1)過去14日以内に中国を訪れた外国人は、入国を暫定的に禁止。
      (2)過去14日以内に湖北省を訪れた米国人は、帰国後14日間は隔離。
      (3)湖北省以外の中国を訪問した米国人も、14日間は自宅などで待機。

●5.米政府、中国渡航の中止勧告、新型肺炎拡大で

 1)米国務省は30日、新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大を受け、中国への渡航情報を見直し、危険度を最も高い最高レベル「渡航禁止」に引き上げた。

 2)米から中国への渡航制限が、長期化すれば米経済にも影響を及ぼすのは必至。

・続いて、「中国市場」の分析へ

著者プロフィール

中島義之

中島義之(なかしま よしゆき) 

1970年に積水化学工業(株)入社、メーカーの企画・管理(財務含む)を32年間経験後、企業再生ビジネスに携わる。 現在、アイマックスパートナーズ(株)代表。 メーカーサイドから見た金融と企業経営を視点に、株式含む金融市場のコメントを2017年から発信。 発信内容は、オープン情報(ニュース、雑誌、証券リポート等々)を分析・組み合わせした上で、実現の可能性を予測・展望しながらコメントを作成。

記事の先頭に戻る

関連キーワード本田技研工業日経平均NYダウ中国マイクロソフトコカ・コーラ世界保健機関(WHO)鴻海FOMCレノバ

広告

財経アクセスランキング