スガイ化学が急伸、「気管支収縮抑制」などが新型肺炎の流行懸念の中で注目される

2020年1月29日 10:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■関連株の中には高値波乱に移行する銘柄もあり投機色は強い

 スガイ化学工業<4120>(東2)は1月29日、大幅続伸となり、10時にかけて16%高の1350円(185円高)まで上げて2019年5月以来の1300円台に進んだ。

 武漢からの観光客を運んだバスの運転手が新型肺炎に感染したと伝えられ、感染拡大の懸念が根強い中で、同社ホームページ「製品情報」の<医薬中間物>のコーナーに、「呼吸器系:気管支収縮抑制作用を有する新しいタイプの喘息薬の中間物を供給しています」「抗ウイルス:非核酸系逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤などHIV治療薬の中間物を提供しています」などとあり、連想買いが波及したとの見方が出ている。

 新型肺炎関連株の中には高値波乱に移行する銘柄も出始めており、相場が若い、目新しい、出遅れ感、といった要素のある銘柄に物色が移る傾向があるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告