1月24日のNY為替概況

2020年1月25日 05:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*05:26JST 1月24日のNY為替概況
 24日のニューヨーク外為市場でドル・円は109円62銭から109円17銭まで下落して引けた。

米1月製造業PMI速報値が予想を下回ったほか、ムニューシン米財務長官が早期の超長期債発行を否定したため米国債相場が上昇。利回り低下に伴うドル売りが強まった。さらに、米疾病対策センター(CDC)が米国内での新型肺炎感染の2例目を確認、フランスも2例目確認を発表したことから世界的な新型肺炎感染拡大が世界経済の成長減速につながると懸念が再燃しリスク回避の円買いが加速。

ユーロ・ドルは、1.1040ドルから1.1020ドルまで下落して引けた。


ユーロ・円は、120円96銭から120円42銭まで下落。
_NEW_LINE__
ポンド・ドルは、1.3107ドルから1.3057ドルまで下落した。英中銀のハト派姿勢を織り込むポンド売りが継続。_NEW_LINE__

ドル・スイスは、0.9695フランから0.9718フランまで上昇した。


_NEW_LINE__
   

[経済指標] ・米・1月製造業PMI速報値:51.7(予想:52.5、12月:52.4)・米・1月サービス業PMI速報値:53.2(予想:53.0、12月:52.8)・米・1月総合PMI速報値:53.1(12月:52.7)

  《KY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース