「映画秘宝」休刊号は映画愛爆発!映画狂人175名集結&特別イラスト展開へ

2020年1月21日 15:49

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

1月21日に発売される映画雑誌「映画秘宝」の25周年記念号にして休刊号となる2020年3月号(1210円+税)の詳細が明らかになった。写真:「映画秘宝」2020年3月号の表紙イラスト (C)Yosensha Co., Ltd. All rights reserved.

1月21日に発売される映画雑誌「映画秘宝」の25周年記念号にして休刊号となる2020年3月号(1210円+税)の詳細が明らかになった。写真:「映画秘宝」2020年3月号の表紙イラスト (C)Yosensha Co., Ltd. All rights reserved.[写真拡大]

写真の拡大

 1月21日に発売される映画雑誌「映画秘宝」の25周年記念号にして休刊号となる2020年3月号(1210円+税)の詳細が明らかになった。誌面では、2019年度の最も優れた映画としてレオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットの2大スター共演の大ヒット作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が選出されている。

 ・「映画秘宝」の2019年ベスト10で1位に輝いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像!

 本号では町山智浩や柳下毅一郎、宇多丸、小出祐介、斎藤工、のん、内山昂輝、田中俊介ら総勢175名の映画狂人が選んだ2019年度の「年間映画ベスト&トホホ 10」をランキング形式で発表。同ランキングの他にも、本誌にて映画イラストを連載する中川翔子による休刊号特製描き下ろしイラスト、さらには愛読者コーナーもページ数増量で贈る。

 今回のベスト映画ランキングにおける秘宝ライター、読者の投票でともに第1位に輝き、完全優勝を果たしたのはクエンティン・タランティーノ監督の集大成となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。「タラの優しさにあふれたラストは泣かずにいられない」(アサダアツシ・放送作家)などの称賛コメントが寄せられている。

 「2019年度ベスト・ガイ&ベスト・ガールランキング」では、ベスト・ガイ部門の首位に『ジョーカー』主演のホアキン・フェニックス、ベスト・ガール部門の首位に『ターミネーター:ニュー・フェイト』でグレースを演じたマッケンジー・デイヴィスが選ばれた。

 また、表紙は『ワン・ハリ』から『ジョーカー』、『アイリッシュマン』、『スパイダーマン:スパイダーバース』、『全裸監督』まで2019年の映画シーンを彩った胸躍るキャラクターの数々がにぎやかに集う、「2019年ベスト映画メドレー」をテーマにした長野剛画伯による渾身の描き下ろしイラスト。休刊号に華を添えている。

 「映画秘宝」に関しては2019年12月、版元の洋泉社を2020年2月に吸収合併する宝島社が、同誌の休刊を公表(「特撮秘宝」「別冊映画秘宝」も同時休刊)。「映画秘宝」の岩田和明編集長は「日本一売れている映画雑誌のまま、休刊いたします」と声明を出している。

 【「映画秘宝」が選ぶ2019年度映画ベスト10】
1位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
2位 ジョーカー
3位 スパイダーマン:スパイダーバース
4位 アベンジャーズ/エンドゲーム
5位 アイリッシュマン
6位 T-34 レジェンド・オブ・ウォー
7位 マリッジ・ストーリー
8位 グリーンブック
9位 ボーダー 二つの世界
10位 工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

 【2019年度ベスト・ガイ&ベスト・ガールランキング】
■ベスト・ガイ部門1位:
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』

 ■ベスト・ガール部門1位:
マッケンジー・デイヴィス『ターミネーター:ニュー・フェイト』

【関連記事】

 [動画]心優しき青年は、なぜ悪のカリスマ・ジョーカーに変貌したのか?/ホアキン・フェニックス主演映画『ジョーカー』予告編
『ジョーカー』がアカデミー賞候補最多11部門、『パラサイト』は6部門の快挙
[動画]ディカプリオとタランティーノ監督が仲良くお揃いの衣装で来日会見/映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見
【興行トレンド】アカデミー賞有力作品の評価ポイントはここ! ブラピ初受賞の可能性にも注目集まる

関連キーワード内山昂輝斎藤工ブラッド・ピットワンス・アポン・ア・タイムレオナルド・ディカプリオグリーンブックターミネーター:ニュー・フェイトアベンジャーズ/エンドゲームジョーカー

広告