前日に動いた銘柄 part2 くろがね工作所、マナック、ナガオカなど

2020年1月20日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 くろがね工作所、マナック、ナガオカなど
銘柄名<コード>17日終値⇒前日比
IDOM<7599> 629 -45
好決算評価の動きが一巡へ。

ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884> 1000 -41
決算発表後は出尽くし感が継続する形に。

カプコン<9697> 2935 -90
25日線割り込み手仕舞い売りが優勢にも。

アステリア<3853> 595 -16
高水準の信用買い残が重しに。

TOKYO BASE<3415> 558 -18
SMBC日興証券では目標株価を引き下げ。

SCREENホールディングス<7735> 7910 +10
TSMCの設備投資計画などを好材料視。

くろがね工作所<7997> 1110 +150
決算発表を控えて思惑買いの動き優勢に。

マナック<4364> 848 +133
新型ウイルス関連として関心向かう。

アクロディア<3823> 269 +20
決算マイナス視一巡で悪抜け期待も。

FRACTALE<3750> 1171 -135
高値もみ合い状況から利食い売り優勢に。

JMACS<5817> 558 -44
決算受けて連日急伸の反動。

菊池製作所<3444> 1148 -5
20年4月期第3四半期に持分変動利益1.05億円を特別利益に計上。

ナガオカ<6239> 3380 +502
1月31日現在の株主を対象に1対2の株式分割を実施へ。

NEWART<7638> 937 +16
海外事業の一層の拡大を図るため、シンガポールに現地法人設立へ。

オータケ<7434> 2181 -
20年5月期予想の上方修正を発表、当期純利益を3億円から9億円に引き上げ。

オンコセラピー・サイエンス<4564> 109 +24
新株予約権大量行使、
がん特異的ペプチドワクチンのマイルストーンも引き続き評価。

コプロ・ホールディングス<7059> 3150 -5
シンガポール現地法人設立について発表。

ドーン<2303> 2429 -8
17日は直近の急伸に対する利食いの動きが優勢。

ロゼッタ<6182> 4500 +315
法務部門支援ツールを開発・提供、次世代AI翻訳も2月にリリース。

幸和製作所<7807> 1210 +48
一部メディアで同社「転倒防止ロボット歩行車」が
取り上げられたことが手掛かりと。

小倉クラッチ<6408> 6730 +1000
個人投資家中心に短期資金向かう。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース